離れた場所にも臨場感あふれる映像を送れるVRカメラ「EYSE」

2016.5.10
eyes

VRの話題を目にしない日がないくらいVRが話題ですが、ゲームだけではなく、コミュニケーションの新たな可能性も秘めているのがVR。そんなわけで、離れた場所にいる人にもその場にいるような臨場感を体験できるVRカメラ「EYSE」がKickstarterに登場しました。

簡単にいうとVR対応のWEBカメラなのですが、2つのカメラを使用することでリアルタイムにVR対応の映像をWiFiで送信できるというものです。

ドローンに装着して映像を楽しむというのは割と普通な使い方ですね。

eyes

他にも、孫の誕生パーティの様子を離れた場所いる祖父母にリアルタイムに送信するなんてことも可能です。おばあちゃんもVRを使いこなす時代になるんですね。

EYES

よくあるVR対応の360°カメラのように頭を動かしてほかの場所を見たりは出来ませんが、臨場感だけなら凄そうです。

このEYESには3つのグレードが用意されているのですが、最上位グレードでは防水対応になっています。カメラを川などに入れてその様子をVRで見るというのは、なんとも楽しそうですね。

eyes4

キャンペーンは始まったばかりですが、早割枠でも最安が$349とかなり高めの設定です。この価格だとちょっと躊躇しちゃうなぁ。$200くらいだったら手を出したかったけども。

(via The Verge)
(source kickstarter)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top