2016.6.7

VISAがリオオリンピックで決済機能を持ったNFCリングを一部の選手に配布

Visa Payment Innovation Showcase with Ibtihaj Muhammad

VISAが非接触決済機能を持ったNFCリング、NFC-Enabled Paymanet Ringを発表しました。
リオオリンピックに出場する45人のアスリート(もちろんVISAがスポンサーになっている)に配布され、オリンピック会場で実際に利用することができるということです。

広告

NFCリングを使った決済サービス 基本はpayWaveと同等?

リングの中にはセキュアなマイクロチップが内蔵されており、16桁のカード番号なども含まれ、別途スマートフォンを利用することなく、このリング単体で支払いが完結するということです。
そのほかNFCアンテナなども含みますが、本体には電池などのバッテリーは必要なく、50mの防水にも対応しているとのことです。

オリンピックではVISAが公式に利用できる唯一のカードということで、対応するPOS端末も4,000台を準備するそうです。
決済端末の画面を見る限り、端末自体はVISAのNFC決済サービス「payWave」と同じもののようですね。

壮大な実証実験という感じですが、これがうまくいけば広く市販化されたるするのでしょうかね?

日本でもじわじわ進むNFC決済サービス

Apple Payが2016年秋にも日本に上陸するのではないかと言われていますが、日本国内でもVISAの「payWave」、MasterCardの「PayPass(現在は「MasterCardコンタクトレス」という名称になっています)」などNFC決済が利用可能な店舗が少しずつですが増えてきています。

これらの店舗では、正式対応をうたってはいないものの、現時点でもApple Payが利用できるということです。
肝心のApple Pay自体が日本国内(のカード)では登録できないのですけどね。

この国内でのApple Payの利用についてはAsciiが定期的にレポートしています。

(via Android Community)
(source VISA)

タグ: , ,

back to top