6秒動画のVine、アプリとして存続へ

2016.12.19
Vine

10月に「数か月以内に終了する」と終了宣言が出されていた6秒動画のVineですが、2017年1月に「Vine Camera」というアプリをリリースすると発表しました。

Vineによると、クラウドサービスとしてのVineは終了するものの、Vine Cameraで撮影した6秒動画はTwitterに投稿したり、スマートフォンに保存したりすることができるとのことです。

確かにスタンドアロンアプリになっちゃえば、クラウドサーバの維持費も掛からないしVineの存続の道としてはアリですね。
Twitterに投稿できるということなので、ブログに貼ったりするのには困らない気がします。

10月の終了宣言時、Vineのトップクリエイターらからの救済の提案などもあったということですが、最終的には話がまとまらずにトップクリエイターは他のサービスに移ったとも伝えられています。

10月時点で今回の発表をしておけば丸く収まった気がしなくもないのですが、もともとは完全終了の予定だったのかな?

(via CNet)
(source Vine)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top