超高級端末のVertuが倒産。赤字額はおよそ187億円

いつかはVertuと思ってた時期もありましたが、とうとう手が届かないままだった。

2017.7.13

1台100万円以上する超高級端末で知られているVertuが倒産したようです。Financial TimesとThe Telegraphによると、赤字額は1億2800万ポンド(約187億円)。

Vertuと言えば、初代オーナーは言わずと知れたNokiaでしたが、何度かの売却を経て、今年3月に現在フランスに亡命中のトルコの資産家Hakan Uzan氏が買収していました。この買収時には、すでに負債が膨らんでいるのは承知の上で、ここからなんとか立て直そうという計画だったようです。

しかし、Uzan氏が債権者に支払う予定の190万ポンド(約2億8000万円)に対して負債額が大きすぎるということで、英最高裁の判断で倒産が決まった様子。これにより、英国内でVertu端末を組み立てていた約200人の技術者も解雇されるとのこと。今後、Vertuブランドが生き残ったとしても、「英国内で職人が仕上げる端末」という価値は失われることになります。

なお、Vertuのブランド、技術、デザインライセンスなどは引き続きUzan氏が所有します。同氏の計画に精通している人の話では、将来、Vertuを復活させようとしているとのことです。

つい先日には、TCLとの技術提携を発表したばかり。9月には新端末を出すという話もありましたがどうなるのでしょうね?

希少な革や貴金属・宝石などを使い、職人が手作業で仕上げ、24時間365日にコンシュルジュサービスを提供したりもしていた超高級端末の代名詞だっただけに、この終わり方は少し残念です。もっとも、まったく手が届かない別世界の端末でもありましたが・・・。

とりあえず今後Vertuブランドが中国製端末として継続するのか、市場から姿を消すのかが気になるところですが、こういう場合、Vertuのコピー端末を作っていたところはどうするんですかね?

(via The Verge)
(source Financial Times, The Telegraph)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

Apple Watch用Nikeスポーツバンドのクローンを購入、埃が付きやすいけど見た目は良さげ

やっぱり純正のフルオロエラストマーはすごいんだなということを認識できます

雑記

映画をよく観るならメンバーサービスへの加入が絶対お得

比べてみると、SMT Membersのお得感半端ないな。

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

back to top