オンライン学習のUDACITYにAndroidアプリ開発の初心者コース「The Android Basics Nanodegree By Google」が開設

2016.6.23
Develop-for-Android-Chalkboard-768x768

GoogleやFacebookなどが開発したカリキュラムを受講できるオンライン学習サイト UDACITYで、Androidアプリ開発の初級者コース「The Android Basics Nanodegree By Google」が開始されました。
「コードを1行も書いたことが初心者向け」のコースということです。

専門分野のスキル学習ができるUDACITY

オンライン学習サイトはほかにもいくつもありますが、UDACITYはGoogleやFacebook、NVIDIAなどのIT企業が作った専門分野に特化した学習コースを受けられるのが特徴です。

なかでも「Nanodegree」というコースは、需要の高い職業に就けるように専門技術を習得するコースで、かなり本気度の高いものとなっています。

Android Basics Nanodegree

今回のAndroid Basics Nanodegreeはまったくの初心者向けのコースとなっており、Androidアプリで利用するJavaの基礎やWeb API、SQLliteの利用方法などが学べるようです。

コースの説明を見ると、シングルスクリーンアプリ、クイズアプリ、ニュースアプリなどを作るようです。

学習時間は平均165時間で、毎日2時間勉強しても修了するまでに3か月弱かかる計算です。

早期修了者50名は上位コースを受ける奨学金を支給

このAndroid Basics Nanodegreeを終了した先着50名には、Googleが上位コースである「Android Developer Nanodegree」を受講する学資を支給してくれるそうです。

今日から開始されたはずなのですが、すでにトップの人は49%の達成度になってるんですよね。
経験者なのかな?

受講料金は月額$199

肝心の受講料なのですが、少々高めで月額$199(約21,000円)となっています。
1週間は無料体験が可能です。

金額的にも学習時間的にも「ちょっと勉強してみる」という感じではなく、「スキルを身に付けて就職を有利に(仕事にしたい)」という感じのものです。
やや高い気もしますが、Androidは世にあふれているわけだし、本気でやれば投資に見合うだけのリターンは得られる可能性が高い気もします。

実際に「Android Basics Nanodegree」を体験

1週間は無料ということなので、登録してました。
登録時にはクレジットカードが必要ですが、日本のカードでも問題ありませんでした。

当然ながら画面はすべて英語です。

スクリーンショット_062316_020910_PM

メイン教材の動画も英語ですが、字幕で日本語が選べます(Getting Startの動画だけ自動翻訳をする必要がありましたが、その後の動画は日本語字幕が用意されています)。

スクリーンショット_062316_020640_PM

「コードを1行も書いたことがない初心者向け」ということもあり、内容はかなり簡単です(今のところ)。これなら、他の言語を触ったことがある人なら、頑張れば無料期間の1週間以内で終了することもできるかもしれません。

せっかくなので1週間は受講してみて、継続するかどうかを考えたいと思います。

(via TheNextWeb)
(source udacity, Android Basics Nanodegree)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

どこでもドアが実在したらこんな感じ? ドラえもんVRを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、ソラマチで開催されている、ドラえもんVR「どこでもドア」を体験してきました。 関連:ドラえもんVR「どこでもドア」のPV公開 どこでもドア体験は2月20日から – Dream

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lite(

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

猫のためのスピーカー? OMAKER M7が20%オフになるキャンペーンを実施中

2月22日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日だ!ということで、OMAKERが猫のためのBluetoothスピーカー M7を本日限定かつ300台限定で20%OFFになるキャンペーンを行っています。

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向けに」とい

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lit...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

MENU

back to top