Twitter、データ使用量を削減できるブラウザベースのTwitter Liteを発表

2017.4.6 (更新日:2017.04.07)

Twitterが低速なモバイル回線でも快適に使えるようにデータ容量などを削減できるブラウザベースの軽量クライアント、Twitter Liteを公開しました。ブラウザからmobile.twitter.comにアクセスすると利用できます。

Googleが推し進めているPWA(プログレッシブウェブアプリ)というもので作られており、ブラウザ上でもまるでアプリを使っているような感覚で利用できます。

ショートカットをホーム画面に追加することもでき、そこから利用すると完全にアプリとそん色有りません。なお、Androidだけになりますが、各種通知をプッシュで受け取ることも可能です。

▲ショートカットを置くとアプリそのものという雰囲気

残念ながら、フリックでの左右タブの移動はできませんが、見た目的にもブラウザを使っているとはわかりませんね。

なお肝心のデータ使用量の削減、アカウントの設定画面に「Data Saver」という項目が追加されるらしいのですが、これが見当たりません。何か間違ってるか、アカウント毎にじわじわ適用されているのか・・・。

ところでこのTwitter Lite、ブラウザベースなのでデスクトップでも利用可能です。モバイルと同じUIになるので、人によっては使いやすいと感じるかもしれません。

(source Twitter)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top