Sony、Xシリーズ初のフラッグシップ「Xperia XZ」、4.6インチのコンパクトモデル「Xperia X Compact」を発表

2016.9.2
Xperia XZ

Sonyがベルリンで開催されているIFA 2016でフラッグシップスマートフォン Xperia XZとコンパクトサイズのXperia X Compactを発表しました。

5.2インチなフラッグシップ Xperia XZ

まずXperia XZですが、ディスプレイは5.2インチとXperia X Performanceよりもサイズアップ。
また、XZが「Xシリーズ初のフラッグシップモデル」ということなので、Xperia X Performanceはフラッグシップではなかったのですね。
そういえば、X Performanceのときにはフラッグシップって言葉は使われていなかったような・・・。

Xperia XZ

プロセッサやRAMはXperia X Performanceとは変わらず、あえて分ける必要があったのか?という気はします。

4.6インチ ハイミドルなXperia X Compact

Xperia X CompactはXシリーズ初のコンパクトモデル。
ただ、ZシリーズでのCompactは「コンパクトなハイエンドモデル」だったのに対して、Xperia X CompactはXperia Xラインのハイミドルにとどまっています。

防水に非対応なのもXperia Xと同様です。

Xperia-X-Compact-Group-52f357e4f3a93cc1f47e5a72b9c9fc75-1280x1024

Xperia Xシリーズのスペックを比較

今回発表された2機種をXperia X Performance、Xperia Xと比較してみます。

Xperia XZ Xperia X
Performance
Xperia X
Compact
Xperia X
ディスプレイ 5.2インチ 5インチ 4.6インチ 5インチ
解像度 1920 x 1080 1920 x 1080 1280 x 720 1920 x 1080
プロセッサ Snapdragon 820 Snapdragon 820 Snapdragon 650 Snapdragon 650
RAM 3GB 3GB 3GB 3GB
ストレージ 32GB/64GB 32GB 32GB 32GB/64GB
カメラ 23MP/13MP 23MP/13MP 23MP/5MP 23MP/13MP
バッテリ 2,900mAh 2,700mAh 2,700mAh 2,620mAh
高さ 146 mm 143.7 mm 129 mm 142.7 mm
72 mm 70.5 mm 65 mm 69.4 mm
厚さ 8.1 mm 8.6 mm 9.5 mm 7.7 mm
重さ 161g 165g 135g 153g
防水防塵 IP68 IP68
USB Type-C microUSB Type-C microUSB

実に代わり映えがしないスペックですが、細かなところではもちろん改良が加えられています。

Xperia初のレーザーオートフォーカス搭載

Xperiaはこれまでも高速オートフォーカスやスタンバイから0.6秒でシャッターが切れるなどの機能をウリにしていますが、Xperia XZ / X Compactも同様で、さらにシリーズ初となるレーザーオートフォーカスを搭載しました。

これにより、低照度な環境でも高速オートフォーカスが可能になります。

スクリーンショット_090116_115345_PM

また、Xperia XZではXperia X Performanceでは非対応となっていた4K動画撮影が復活しています。

両機種とも日本で発売予定

Xperia XZは10月、Xperia X Compactは9月にグローバルで発売されますが、両機種とも今秋日本で発売予定とSonyがアナウンスしています。

SIMフリーで出してくれないかなという思いはありますが、キャリア端末なんでしょうね。

Xperia X Compactがちょっと微妙

先にも書きましたが、Compactシリーズはこれまで「ハイエンドなコンパクトモデル」だったのに、ミドルクラス、そして防水もなくなってしまい、従来モデルからかなり見劣りがします。

Xperia Z5 Compactを見送ったXperia Z3 Compactユーザは悩ましいところですね。
Z3Cを使い続けるのが最適解という気がしなくもないけど。

それにしても、Xperiaのネーミングセンスはかなり悪いですね。まだZシリーズやM、Cなどで分かれていたころのほうが良かったです。
微妙なラインナップが増えてきたし、なんとなく迷走気味な気がするのが心配です。

あと、Xperia Z Ultraの後継機を・・・。

(source Sony)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

MENU

back to top