Sony、Xシリーズ初のフラッグシップ「Xperia XZ」、4.6インチのコンパクトモデル「Xperia X Compact」を発表

2016.9.2
Xperia XZ

Sonyがベルリンで開催されているIFA 2016でフラッグシップスマートフォン Xperia XZとコンパクトサイズのXperia X Compactを発表しました。

5.2インチなフラッグシップ Xperia XZ

まずXperia XZですが、ディスプレイは5.2インチとXperia X Performanceよりもサイズアップ。
また、XZが「Xシリーズ初のフラッグシップモデル」ということなので、Xperia X Performanceはフラッグシップではなかったのですね。
そういえば、X Performanceのときにはフラッグシップって言葉は使われていなかったような・・・。

Xperia XZ

プロセッサやRAMはXperia X Performanceとは変わらず、あえて分ける必要があったのか?という気はします。

4.6インチ ハイミドルなXperia X Compact

Xperia X CompactはXシリーズ初のコンパクトモデル。
ただ、ZシリーズでのCompactは「コンパクトなハイエンドモデル」だったのに対して、Xperia X CompactはXperia Xラインのハイミドルにとどまっています。

防水に非対応なのもXperia Xと同様です。

Xperia-X-Compact-Group-52f357e4f3a93cc1f47e5a72b9c9fc75-1280x1024

Xperia Xシリーズのスペックを比較

今回発表された2機種をXperia X Performance、Xperia Xと比較してみます。

Xperia XZ Xperia X
Performance
Xperia X
Compact
Xperia X
ディスプレイ 5.2インチ 5インチ 4.6インチ 5インチ
解像度 1920 x 1080 1920 x 1080 1280 x 720 1920 x 1080
プロセッサ Snapdragon 820 Snapdragon 820 Snapdragon 650 Snapdragon 650
RAM 3GB 3GB 3GB 3GB
ストレージ 32GB/64GB 32GB 32GB 32GB/64GB
カメラ 23MP/13MP 23MP/13MP 23MP/5MP 23MP/13MP
バッテリ 2,900mAh 2,700mAh 2,700mAh 2,620mAh
高さ 146 mm 143.7 mm 129 mm 142.7 mm
72 mm 70.5 mm 65 mm 69.4 mm
厚さ 8.1 mm 8.6 mm 9.5 mm 7.7 mm
重さ 161g 165g 135g 153g
防水防塵 IP68 IP68
USB Type-C microUSB Type-C microUSB

実に代わり映えがしないスペックですが、細かなところではもちろん改良が加えられています。

Xperia初のレーザーオートフォーカス搭載

Xperiaはこれまでも高速オートフォーカスやスタンバイから0.6秒でシャッターが切れるなどの機能をウリにしていますが、Xperia XZ / X Compactも同様で、さらにシリーズ初となるレーザーオートフォーカスを搭載しました。

これにより、低照度な環境でも高速オートフォーカスが可能になります。

スクリーンショット_090116_115345_PM

また、Xperia XZではXperia X Performanceでは非対応となっていた4K動画撮影が復活しています。

両機種とも日本で発売予定

Xperia XZは10月、Xperia X Compactは9月にグローバルで発売されますが、両機種とも今秋日本で発売予定とSonyがアナウンスしています。

SIMフリーで出してくれないかなという思いはありますが、キャリア端末なんでしょうね。

Xperia X Compactがちょっと微妙

先にも書きましたが、Compactシリーズはこれまで「ハイエンドなコンパクトモデル」だったのに、ミドルクラス、そして防水もなくなってしまい、従来モデルからかなり見劣りがします。

Xperia Z5 Compactを見送ったXperia Z3 Compactユーザは悩ましいところですね。
Z3Cを使い続けるのが最適解という気がしなくもないけど。

それにしても、Xperiaのネーミングセンスはかなり悪いですね。まだZシリーズやM、Cなどで分かれていたころのほうが良かったです。
微妙なラインナップが増えてきたし、なんとなく迷走気味な気がするのが心配です。

あと、Xperia Z Ultraの後継機を・・・。

(source Sony)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

どこでもドアが実在したらこんな感じ? ドラえもんVRを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、ソラマチで開催されている、ドラえもんVR「どこでもドア」を体験してきました。 関連:ドラえもんVR「どこでもドア」のPV公開 どこでもドア体験は2月20日から – Dream

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lite(

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

猫のためのスピーカー? OMAKER M7が20%オフになるキャンペーンを実施中

2月22日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日だ!ということで、OMAKERが猫のためのBluetoothスピーカー M7を本日限定かつ300台限定で20%OFFになるキャンペーンを行っています。

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向けに」とい

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lit...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

MENU

back to top