4枚のSIMを切り替えて利用できる「SIM CHANGER デルタ」がクラウドファンディングで出資募集中

2016.8.2
SIM CHANGER

Cerevoが、ドコモが開発したポータブルSIMの技術を利用した最大4台のSIMを切り替えて利用できる「SIM CHANGER デルタ」の量産を行うため、クラウドファンディング「Makuake」でキャンペーンを開始しました。

最大4枚のSIMを利用可能

SIM CHANGERデルタは、ドコモが開発したポータブルSIM技術を含む「PSIM Suite」のライセンス契約を結んだ最初の製品ということです。

ようするにどういうことかというと、SIMはSIM CHANGERデルタに装着し、スマートフォンのSIMスロットにはブリッジカードというものを装着。
スマートフォン上のアプリから操作することで、スマートフォンが認識するSIMの情報を切り替えることが出来るというものです。

detail_2007_1470043286

SIM CHNGERデルタとスマートフォンはBluetoothで接続するので、Bluetoothテザリングをしているようにも見えるのですが、通信しているのはあくまでもスマートフォン側です。

3,400mAhのバッテリを内蔵

SIM CHNGERデルタは3,400mAhのバッテリを内蔵しており、一回の充電の約1か月は持つということです。
Bluetooth接続なのでカバンの中に入れっぱなしでも大丈夫。

ただ、うっかりするとカバンの中に入れっぱなしにして、そのかばんを忘れてスマートフォンだけ持って外出、なんてことをしてしまいそうでちょっと怖いです。

メリットがある人は・・・誰?

ところでこのSIM CHANGERデルタ、最大4枚のSIMを切り替えて使えますが、同時に使用できるのは1枚のみです。
最近流行りのデュアル待受けのようなことはできません。

じゃぁ、どんな時に使えるのかというと、例えば通話の時はキャリアのかけ放題回線、ポケモンGOをするときはFREETELなどのポケモンGOの通信が無料になるSIM、動画を見るときは使い放題SIMという感じでしょうか。

実際のところ1台の端末でこんなに使い分けて使う人はいないと思う(複数端末でやる人はいると思うけど)ので、今一つ使いどころがわかりません。
普段から複数のMVNOのスピードテストをしている人は捗るかもしれないけど。

それでも、SIM CHANGERデルタが登場することで、これまではなかった新しい使いかた、スタイルというのも登場するかもしれないので、その辺に期待したいところです。

出荷は2017年3月予定

現在Makuakeで出資募集中ですが、最安は本体とブリッジカードがそれぞれ1つずつの10,800円コース。
ブリッジカードはAndroidもしくはiOS用のどちらかを選ぶ形ですが。
Android用とiOS用の2つのブリッジカードが付いたコースもあります。

4回線のSIMを自在に操れ。通信回線切替デバイス『SIM CHANGERデルタ』 |

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

雑記

GPD Pocketに休止状態を追加する方法

何かしらの不具合があるかもしれないけど、今のところは問題なさそう。

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

News >モバイル

Samsung、台湾向けGalaxy S8+に新色ローズピンクを追加

女性向けだとS8のほうが良さそうだけど、台湾も大画面が人気なのかな?

MENU

back to top