4枚のSIMを切り替えて利用できる「SIM CHANGER デルタ」がクラウドファンディングで出資募集中

2016.8.2
SIM CHANGER

Cerevoが、ドコモが開発したポータブルSIMの技術を利用した最大4台のSIMを切り替えて利用できる「SIM CHANGER デルタ」の量産を行うため、クラウドファンディング「Makuake」でキャンペーンを開始しました。

最大4枚のSIMを利用可能

SIM CHANGERデルタは、ドコモが開発したポータブルSIM技術を含む「PSIM Suite」のライセンス契約を結んだ最初の製品ということです。

ようするにどういうことかというと、SIMはSIM CHANGERデルタに装着し、スマートフォンのSIMスロットにはブリッジカードというものを装着。
スマートフォン上のアプリから操作することで、スマートフォンが認識するSIMの情報を切り替えることが出来るというものです。

detail_2007_1470043286

SIM CHNGERデルタとスマートフォンはBluetoothで接続するので、Bluetoothテザリングをしているようにも見えるのですが、通信しているのはあくまでもスマートフォン側です。

3,400mAhのバッテリを内蔵

SIM CHNGERデルタは3,400mAhのバッテリを内蔵しており、一回の充電の約1か月は持つということです。
Bluetooth接続なのでカバンの中に入れっぱなしでも大丈夫。

ただ、うっかりするとカバンの中に入れっぱなしにして、そのかばんを忘れてスマートフォンだけ持って外出、なんてことをしてしまいそうでちょっと怖いです。

メリットがある人は・・・誰?

ところでこのSIM CHANGERデルタ、最大4枚のSIMを切り替えて使えますが、同時に使用できるのは1枚のみです。
最近流行りのデュアル待受けのようなことはできません。

じゃぁ、どんな時に使えるのかというと、例えば通話の時はキャリアのかけ放題回線、ポケモンGOをするときはFREETELなどのポケモンGOの通信が無料になるSIM、動画を見るときは使い放題SIMという感じでしょうか。

実際のところ1台の端末でこんなに使い分けて使う人はいないと思う(複数端末でやる人はいると思うけど)ので、今一つ使いどころがわかりません。
普段から複数のMVNOのスピードテストをしている人は捗るかもしれないけど。

それでも、SIM CHANGERデルタが登場することで、これまではなかった新しい使いかた、スタイルというのも登場するかもしれないので、その辺に期待したいところです。

出荷は2017年3月予定

現在Makuakeで出資募集中ですが、最安は本体とブリッジカードがそれぞれ1つずつの10,800円コース。
ブリッジカードはAndroidもしくはiOS用のどちらかを選ぶ形ですが。
Android用とiOS用の2つのブリッジカードが付いたコースもあります。

4回線のSIMを自在に操れ。通信回線切替デバイス『SIM CHANGERデルタ』 |

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top