Googleの「後で読む」サービス? 見ているサイトを保存できるChrome拡張機能が公開

2016.4.15 (更新日:2016.04.21)
savetogoogle

GoogleがChromeブラウザで表示しているサイトのURLを保存し、あとWEB上でまとめて管理することができるChrome拡張機能「Save to Google」を公開しています。

「後で読む」サービス? オンラインブックマーク?

Save to Google」は見ているサイトへのショートカットを保存できるというChrome拡張機能です。保存する際にはタグを付けることもできます。

Sav to Google

保存したサイトを読めるわけではない

保存したものは、専用のサイト「My Saves」に登録されますが、内容的には、各サイトのOpen Graphの内容(FacebookやTwitterでURLをシェアしたときに表示される内容)をそのまま記録しているだけで、サイトの内容を読めるわけではありません。

savetogoogle3

この種のサービスでは、「Pocket」が真っ先に思い浮かびますが、Pocketの場合は保存したサイトの内容をPocket上で読むことができます。

その点、Save to Googleはショートカットを取得するだけなので、オンラインブックマーク的な位置づけでしょうか。

「Facebookに保存」との違い

つい先日、Facebookが「Facebookに保存」というSave to Googleに似た機能を外部サイトで利用可能にしています。

この機能は各サイトに設置された「Facebookに保存」ボタンを押すと、Facebook上の「保存済み」フォルダにショートカットが登録されるというもの。サイトURLだけでなく、Facebookのタイムラインに流れてきた投稿を保存することもできます。

save2

こちらはFacebookへの滞在時間(依存度)を延ばすのも目的だと思いますが、保存した投稿にコメントが付いた場合などに知らせてくれるなどそれなりに便利な機能になっています。

対して今回の「Save to Google」はいまのところ、「タグ付けできるオンラインブックマーク」でしかなく、正直言って微妙な感じです。

今後の機能拡充次第な感じ

いまのとこと、わざわざこのサービスを利用するメリットが見出せませんが、動作が軽快なのでPocketの代替えに使うというのはアリかもしれません。また、それこそオンラインブックマークとしては十分に使えそうです。

でもそれだけだと寂しいので、何かプラスアルファが欲しいですね。AMP用の表示があるならそれも保存できるとか、保存したURLの先にあるテキストを検索できるとか。

とりあえずは、今後の展開に期待したいところです。

「Googleドライブに保存」との混同注意

Chromeストアを「Save to Google」で検索すると、「Googleドライブに保存(Save to Google Drive)」がヒットしますが別物なので注意してください(怪しい機能ではなく、Google製の拡張機能です)。こちらは、表示しているサイトのスクリーンショットをGoogleドライブに保存するという機能です。画像データにはなってしまいますが、オフラインで見ることもできます。

スクリーンショット_041516_081638_AM

)
(source Chrome拡張)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top