Samsung、イメージセンサブランド「ISOCELL」発表、Galaxy Note8にも搭載?

ISOCELL技術自体はGalaxy S5のころから使われてます

2017.6.30

SamsungはMWC上海において、あらたにイメージセンサーブランド「ISOCELL」を発表しました。

広告

ISOCELLは、Samsungが以前から利用しているイメージセンサ技術の名称でもありますが、それをそのままブランド名にした形です。そのISOCELLには、下記の4つのサブブランドが定義されています。

  • Bright : 低光量下でもノイズの少ない、明るく鮮明な画像映すセンサー
  • Fast : 暗闇で動いている物体にも高速オートフォーカスが可能
  • Slim : 市場で入手可能な最も薄いセンサー
  • Dual : 様々な組み合わせのデュアルカメラを実現

この中で特に気になるのがISOCELL Dualです。9月に発表予定のGalaxy Note8は、Samsung初のデュアルカメラを搭載すると伝えられていますが、おそらくはもこのISOCELL Dualが採用されるのでしょう。

MWC上海では、このDualのパネル説明も行われています。

これを見ると、13MPのRGBセンサと13MPのモノクロカメラの組み合わせとなっています。ただ、Samsung自身が「様々な組み合わせが可能」と言っているように、この組み合わせがそのままGalaxy Note8に載るのかは不明です。以前の噂では、Note8のカメラは12MPということでした。

それでもiPhoneのように広角と望遠の切替ではなく、HUAWEIのような組み合わせ型が実現できるのは間違いなく、画質面では期待できそうです。

(via PhoneArena)
(source Samsung)

タグ:

back to top