Samsung、車に接続しWiFiホットスポットになる「Connect Auto」をリリース

2016.8.20
sm-v2010-gallery2-072916

Galaxy Note 7の発売が話題のSamsungですが、その陰で車に接続してWiFiホットスポットにしてしまうConnect Autoも発売開始されています。

Connect Autoは2月のMWCで発表された製品ですが、最近の車にはついているらしいOBD IIというポートに接続して使います。
このOBD IIというのは、車載コンピュータに接続して状態診断を行うときに使うもので、車の状態をリアルタイムで取得できるのでこれに接続して速度などを取得するアクセサリも市販されているようです。

肝心のConnect Autoですが、AT&Tのデータ通信契約のSIMを挿すことができ、WiFiホットスポットとして最大10台までの機器を接続できるとのことです。
また、専用アプリから走行距離やガソリンの消費量なども確認ができるようになっています。

駐車場などで車を見失ったときにも、専用アプリから場所を確認したりもできるみたいですね。

スクリーンショット_082016_011016_PM

WiFiを使うだけなら車内にWiFiルータを置いておけば済みそうですが、それ以外の機能に価値を見出せるかどうがポイントでしょうか。

ちなみにOSにはTizenが使われているそうです。
いまのところ接続はAT&Tのみですが、そのうちSIMフリーになったりするのでしょうか?

(via The Verge)
(source Samsung)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

雑記

GPD Pocketに休止状態を追加する方法

何かしらの不具合があるかもしれないけど、今のところは問題なさそう。

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

News >モバイル

Samsung、台湾向けGalaxy S8+に新色ローズピンクを追加

女性向けだとS8のほうが良さそうだけど、台湾も大画面が人気なのかな?

MENU

back to top