Samsung、車に接続しWiFiホットスポットになる「Connect Auto」をリリース

2016.8.20
sm-v2010-gallery2-072916

Galaxy Note 7の発売が話題のSamsungですが、その陰で車に接続してWiFiホットスポットにしてしまうConnect Autoも発売開始されています。

Connect Autoは2月のMWCで発表された製品ですが、最近の車にはついているらしいOBD IIというポートに接続して使います。
このOBD IIというのは、車載コンピュータに接続して状態診断を行うときに使うもので、車の状態をリアルタイムで取得できるのでこれに接続して速度などを取得するアクセサリも市販されているようです。

肝心のConnect Autoですが、AT&Tのデータ通信契約のSIMを挿すことができ、WiFiホットスポットとして最大10台までの機器を接続できるとのことです。
また、専用アプリから走行距離やガソリンの消費量なども確認ができるようになっています。

駐車場などで車を見失ったときにも、専用アプリから場所を確認したりもできるみたいですね。

スクリーンショット_082016_011016_PM

WiFiを使うだけなら車内にWiFiルータを置いておけば済みそうですが、それ以外の機能に価値を見出せるかどうがポイントでしょうか。

ちなみにOSにはTizenが使われているそうです。
いまのところ接続はAT&Tのみですが、そのうちSIMフリーになったりするのでしょうか?

(via The Verge)
(source Samsung)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

News >モバイル

NuAns NEO [Reloaded]がモバイルSuicaに正式対応を発表

ところで発売はいつ?5月発売はないかな・・・

MENU

back to top