RICOH、$50安くなった全天球カメラ Theta SCを発表

2016.10.13
top-visual_3

米国でRICHOが第4世代となる360度カメラTheta SCを発表しました。

ポップな4色のバリエーションで、価格も$299.95とTheta Sから約$50安くなっており、位置づけとしてはTheta Sの廉価版になると思いますが、実際にはほぼ同等のスペックとなっています。

Theta SC Theta S
イメージセンサ 1/2.3 x 2 1/2.3 x 2
有効画素数 14MP 14MP
ISO感度 100~1600 100~1600
シャッター速度 静止画:1/8000秒~1/8秒
静止画:1/8000秒~60秒(マニュアルモード)
ビデオ(L):1/8000秒~1/30秒
ビデオ(M)1/8000秒~1/15秒
静止画:1/6400秒~1/8秒
静止画:1/6400秒~60秒(マニュアルモード)
ビデオ(L):1/8000秒~1/30秒
ビデオ(M)1/8000秒~1/15秒
ストレージ 8GB 8GB
インターフェース microUSB(USB2.0) microUSB(USB2.0),HDMI-Micro(Type-D)
動画撮影 最大5分 or 4GB 最大25分 or 4GB
45.2mm 44mm
高さ 130.5mm 130mm
厚さ 22.9mm 22.9mm
重さ 102g 125g
価格 $299.95 $349.95

Theta Sから劣る点として、LivestreamingのためのHDMI出力がなくなったのと、動画撮影が最大5分(Theta Sは25分)になった点ですが、大きな影響はないでしょう。
逆に、静止画のシャッター速度は1/6400秒から1/8000秒へとスペックアップしています。

正確な日付が不明ですが、すぐに発売となるようです。
日本ではまだ発表されていませんが、こちらもすぐに出るでしょう。

※追記:日本でも発表されました。10月28日発売とのこと。

ラインナップとしては廉価版のTheta m15、ミドルクラスのTheta SC、ハイエンドなTheta Sということになるようですが、スペックと価格差を考えると今回のSCが売れ筋となりそうですね。

(source RICOH)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

使ってみた? Android 7.0のGalaxy S7 edgeで利用できる「セキュリティフォルダ」

先月から開始されている国内Galaxy S7 edge向けのAndroid 7.0へのアップデート。そのアップデートにより「セキュリティフォルダ」という新しい機能が利用可能になっています。 プライベートなデータを守る「セ ...

Amazon、最大3000円オフになる「IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」開催中

Amazonで格安SIMとSIMフリースマートフォンのセットが最大で3000円割引になる「【最大3,000円OFF】IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」を開催しています。SIMはIIJmioとBIC SI ...

News >モバイル

Xiaomi、次世代フラッグシップ Mi6を発表 Snapdragon 835にデュアルカメラ搭載。

先週水曜日の話ですが、Xiaomiが最新フラッグシップとなるMi 6を発表しました。全体的な雰囲気は前モデルとなるMi5に近いものの、やや丸みを帯びた印象です。 ディスプレイは最近はやりの全面ディスプレイでもエッジディス ...

News >モバイル

BlackBerry Keyoneの発売はさらに遅れる?

英Cloveで5月5日に発売とアナウンスされていたBlackBerry Keyoneですが、どうやらさらに遅れるようです。 関連:BlackBerry Keyone、英Cloveには5月5日に入荷。米国での発売も5月にな ...

雑記

HUAWEI Mate 9のブートアニメをPorsche Designのものに変えてみた

HUAWEI Mate 9には、Nate 9 Proと同じデザインのMate 9 Porsche Designというちょっとお高いモデルがあります。 関連:HUAWEI、次期フラッグシップ「HUAWEI Mate 9」発 ...

MENU

back to top