Googleの最新スマートフォンPixel、中国のハッカーチームがわずか60秒でハッキングに成功

2016.11.13
Pixel

11月11日(金)にソウルで開催されたハッキング大会において、Googleの最新スマートフォンPixelがわずか60秒でハッキングされました。

広告

ハッキングに成功したのは中国のハッカーチームQihoo 360。
セキュリティソフトもリリースしている、セキュリティのプロでもあります。

Qihoo 360は未公開の脆弱性を利用し、Pixel上で任意のコードを実行させることに成功したようです。
なお、この脆弱性のパッチはGoogleがすでに対応中で、次回のアップデートで配信されるとのこと。

ちなみに、このハッキング大会ではPixelだけでなくMacOS SierraのSafariも陥落しています。
こちらは、やはり中国のハッカー Pangu Teamに20秒でルート権限を掌握されたとのこと。
このチームはiOSの脱獄方法を調査、提供しているハッカーの集団です。

脆弱性はないに越したことはありませんが、もはや脆弱性云々というよりも(中国の)ハッカーの技術力の高さを称賛したほうがいいんじゃないかという気がしますね。
どれだけ対策しても狙われた最後という気がしなくもない・・・。

(via The Next Web)
(source the Register)

タグ:
News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

back to top