iPhoneに装着してダイヤル操作でズームや露出も変更できる多機能グリップ「PICTAR」

2016.4.21
PICTAR

iPhoneをデジタルカメラのように使えるようにするグリップ、PICTARがKickstarterに登場しています。単にグリップを追加するというだけでなく、専用アプリとこれまでにない通信方式でズームや露出の変更なども行えるようになっています。

iPhoneをデジカメとして使いやすくするアタッチメント

高周波を使った通信

PICTARの基本コンセプトはiPhoneをカメラとして使いやすくすること。そのため、グリップ形状も片手で持ちやすいものになっています。これだけであれば、いままでも似たような製品はありましたが、PICTARが一線を画しているのは、iPhoneとの通信方式です。

pictar

Bluetoothの接続でもなく、Lightningコネクタを使うのでもなく、人間の耳には聞こえない高周波(18,500 – 20,000 khz)を利用します。特許を取得した高周波デュアルトーン技術でiPhone上の専用アプリと通信を行い、PICTAR上のダイヤル操作でシャッターはもちろん、ズームや露出の変更などを行えるようになっています。

この高周波デュアルトーン技術、Bluetoothよりも消費電力が大幅に少ないということです。

シャッターの半押しにも対応

普通のデジカメのようにシャッターの半押しでピントと露出を固定すること可能。本当にデジカメみたいな使い勝手ですね。

pictar

電池は「CR 1/2 AA」

バッテリは電池式。ただ使用するのが「CR 1/2 AA」という日本では聞きなれないものです。どうやら非充電式の円筒形リチウムイオン電池で、サイズは単三電池(AA)の半分みたいです。海外では一般的な規格なんでしょうか?

古いデスクトップ型のMac(Macintosh)のバックアップ電池として使われていたのもこの規格の電池だそうで、Amazonで購入は出来ます。

iPhone 6/6s Plusには非対応

iPhone 4からiPhone 6sまで幅広く対応しますが、サイズが大きい「Plus」には非対応です。

iphone

早ければ11月出荷予定

現在の最低出資額は$75。うまくいけば11月に出荷予定です。

便利そうな気はするけど、電池の入手性がネックかなぁ。単にiPhoneにグリップとシャッターボタンを追加したいということなら、電池不要のSnappyという選択肢もあります。

iPhone用シャッター内蔵グリップ『Snappy (スナッピー)』iPhone6s Plus iPhoneSE iPhone6s iPhone6 (ピンク)
スペックコンピュータ株式会社
売り上げランキング: 24,125

(source Kickstarter)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

MENU

back to top