Pebble 2、Pebble Time 2、SIMも挿せるフィットネストラッカPebble Coreを発表 Kickstarterでキャンペーン開始

2016.5.25
Pebble_Family_Blue_Crop-870x400

Pebbleが新しいスマートウォッチ Pebble 2、Pebble Time 2と、スマートウォッチではなくディスプレイを持たないAndroidを搭載したカスタマイズ可能なアクティビティトラッカ Pebble Coreを発表しました。

3製品ともKickstarterでキャンペーン開始

いつものPebbleの新製品と同じく、今回もKickstarterでキャンペーンを開始しています。

Pebble 2

まずPebble 2ですが、モノクロE-Inkを使った初代Pebble(Pebble Classic)の後継機で、Pebble Classicよりも少し小さくなった感じです。また、心拍センサも搭載されています。

バッテリ持ちは7日間、30m防水も付いています。カラーバリエーションは5種類。

Kickstarterでは$99の早割分がまだ残っています。出荷は9月予定。なお、定価は$129の予定です。

Pebble-2_Collection_White-768x432

Pebble Time 2

カラーE-Inkを搭載したPebble Timeの後継で、従来機種よりもベゼルが狭く、スタイリッシュになったイメージです。これにも心拍センサが搭載されています。バッテリ持ちは10日間。筐体はステンレスということなので、実質的にはPebble Time Steelの後継ですね。カラーバリエーションは3色です。

Kickstarterでは早割分がすでになくなり、$179からとなっています。出荷は11月予定。定価は$199の予定です。

Time_2_Collection_White_Cro-768x432

Pebble Core

今回の発表で一番の変わり種がPebble Coreです。フィットネストラッカが出てくるというのは予想通りではあったのですが、フィットネストラッカにとどまらず、さらにその先に行ってしまったデバイスです。

Core_Solo_White-768x432

見た目はちょっと大き目のフィットネストラッカという感じですが、Android 5.0を搭載しており、さらにはSIMを挿して3G通信も可能となっています。主なところでは下記のような機能を持っています。

  • GPS内蔵
  • WiFi / 3G通信対応
  • 音楽プレーヤ機能
  • イヤホンは有線、Bluetoothに対応
  • マイク搭載、音声メモや音声コマンドに対応
  • カスタマイズ可能なボタンを搭載(表面の凹み部分)
  • Pebbleと接続してPebbleに対してネットワークアクセスを提供可能
  • ワイヤレス充電対応

なんか弄り甲斐がありそうなデバイスですね。

pebblecore

早割分もまだ残っており、$69~となっています。出荷は2017年1月予定。定価は$99の予定です。

(source Kickstarter, Pebble)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top