6GBのメモリを搭載しつつ、価格は$399のOnePlus3発表

2016.6.15
oneplus3

OnePlusが史上初のとなる6GBのRAMを搭載したスマートフォン OnePlus3を発表しました。

RAM 6GBを搭載した「OnePlus3」

OnePlus3の特徴は何といっても6GBという大容量のRAMを搭載している点です。
最近のハイエンドモデルの主流が3GB、一部で4GBの採用が始まったという段階で6GBというのはなかなか凄いのではないでしょうか。
それでいて価格は$399(約42,000円)というのは、まさに破格といった感じです。

「OnePlus3」のスペック

そんなOnePlus3のスペックは下記。
同じ5.5インチのGalaxy S7 edge(ドコモ版 SC-02H)と比較してみます。

OnePlus3 Galaxy S7 edge
ディスプレイ 5.5インチ 5.5インチ
解像度 1920×1080 2560×1440
プロセッサ Snapdragon 820 Snapdragon 820
RAM 6GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB+microSD(最大200GB)
リアカメラ 16MP(Sony IMX298) 12.2MP デュアルピクセル
インカメラ 8MP(Sony IMX179) 5MP
バッテリ 3,000mAh 3,600mAh
高さ 152.7mm 約151mm
74.7mm 約73mm
厚さ 7.35mm 約7.7mm
重さ 158g 約158g
USB Type-C(USB2.0) microUSB(USB2.0)
Bluetooth 4.2 4.2
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
防水防塵 IP65/IP68
価格 $399(約42,000円) 87,000円(税別)

ストレージについては、microSDには非対応っぽいです。

中国メーカの採用が多い IMX298

イメージセンサはSony IMX298を採用しています。
昨年11月にリリースされたイメージセンサですが、Xiaomi Mi5やASUS Zenfone 3など中国系のメーカのハイエンドモデルでよく採用されています。

光学手振れ補正にも対応しており、それなりにいいカメラだと思いますが、実際に使ってみないとわからないですね。

メモリ以外にこれといった特徴がない だがそれがいい

正直なところ、RAMが6GBだという点を除くとこれといった特徴がないのですが、それだけ成熟した製品と言えるかもしれません。
尖った部分がなく、すべてが高度にまとまっているという感じです。

こんなのが$399で出てきたら、日本のメーカの端末なんてそりゃ霞みますよね・・・

「OnePlus3」は招待不要で購入可能

OnePlusの新製品と言えば購入には招待が必要でしたが、OnePlus3では招待不要で購入できるようになっています。
とはいえ、日本への発送は行っていないのですけどね。

米国でも販売されているので、転送を使えば$450くらいでは購入できると思います。

(source OnePlus)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top