Oculus Riftが動作するPCの最小スペックが引き下げられNVIDIA GTX960、Intel i3-6100で動作可能に

2016.10.7
Oculus

最近、HTC Viveに押され気味で、話題が少ないVRゴーグル Oculus Rifitですが、先日開催されたデベロッパーカンファレンスにおいて、Riftを利用するためPCに必要な最小スペックを引き下げました。

広告

従来は10万円以上な構成のPCでなければ動作が難しかったOculus Riftですが、ソフトウェア(ファームウェア)の改修により、スペックが低い構成でも動作が可能になったとのことです。

例えば、90フレームでの動作必要な時に、PC上では半分の45フレームしか出せなかったとしても、残りの半分をソフトで補いOculus Rift上では90フレームで動作しているように見えるとのこと。

推奨スペック 最小スペック
Video Card NVIDIA GTX 970/AMD R9 290同等以上 NVIDIA GTX 960同等以上
CPU Intel i5-4590同等以上 Intel i3-6100 / AMD FX4350同等以上
メモリ 8GB以上
ビデオアウトプット HDMI 1.3
USB USB3.0 x 3 + USB2.0 x 1
OS Windows 7 SP1 64bit 以降 Windows 8以降

ビデオカードのGTX960は970の半額程度ですし、最小スペックなら10万円以下でも十分に構成できそうです。
実際、CyberpowerPCは$499のOculus ReadyなPCをリリースする計画だということです。

10万を超えてしまいますが、ノートPCでも選択肢が増えてきます。

あくまでも最小スペックなので、快適に遊ぶためにはやっぱり推奨スペック以上のものが必要なのでしょうけど、これで本格的なVRゴーグルにも多少は手が届きやすくなりますね。

個人的にはRfitよりもViveが気になっているので、こちらの最小スペックが下がらないかなっと思うところです。
PS VRで満足しちゃうかもしれないけど。

(source Oculus)

タグ: ,

back to top