スマートフォンを400倍の顕微鏡に変えてしまう「Nurugo Micro」

2016.3.15 (更新日:2016.05.04)
Nurugo Micro

スマートフォンのカメラに装着するコンバージョンレンズはかなりの数が市販されており、顕微鏡替わりにもなりそうなマクロレンズも相当数が世に出ています。しかしそんなレンズ達から頭一つ抜け出した最高400倍という性能を誇るマクロレンズ「Nurugo Micro」がKickstarterで出資募集中です。

最高400倍の高性能レンズ

重ねるだけではないコンバージョンレンズ

Nurugo Micro

一般的なコンバージョンレンズは、スマートフォンのカメラの上に重ねるだけというお手軽なものですが、このNurugo Microはそれだけではなく、スマートフォン合わせてフォーカスを微調整することも可能。そのためのツールも付属します。

スマートフォン用のコンバージョンレンズというのは、例えばこういう奴です。

Seneoのスマートフォン用レンズはすべてにクリップが付いていて使いやすかった

なお最高400倍というのはスマートフォンのデジタルズーム性能によります。Galaxy S4で400倍ということなので、今時のスマートフォンなら問題ないでしょう。

マクロ撮影の暗さも解決

Nurugo Micro

また、この手のマクロレンズは通常の顕微鏡とは違い、どうしても暗くなりがちなのですが、Nurugo Microではスマートフォンのフラッシュを全灯状態にして取り込み、レンズ周りのライトガイドから対象物に均一に照射することでこの問題も解決しています。

400倍の世界

132-1

400倍で見れる世界というのはこんな感じ。ライトの照射があるので、かなり明るく見えていますね。

専用アプリ

あくまでもコンバージョンレンズ

Nurugo Micro用の専用アプリも用意されており、このアプリ自体はすでにダウンロードが可能です。

Nurugo Box

Nurugo Box
開発元:DoHyun Kim
無料
posted with アプリーチ

Nurugo Micro自体、一見するとそれ自体にカメラを搭載したデジタルツールのようにも見えますが、あくまでもコンバージョンレンズです。専用アプリを使ってみるとわかりますが、カメラ自体はスマートフォンのものを操作します。

左右のスライドでズーム、上下のスライドで輝度(ライトの明るさ)を調整します。

Nurugo Micro

アプリ起動中はライトが点灯。

動画撮影も可能

静止画だけでなく、専用アプリから動画撮影も可能です。こういうの見ると、子供に自由研究なんかにも良さそうですね。

Kickstarterのキャンペーンは間もなく終了

すでに目標額の$50,000を大きく上回る$156,000以上を集めており、キャンペーンそのものは3月26日に終了します。

すでに早割分はなくなっていますが、Nurugo Microを1つ手に入れられる出資額は$39~。市販時には$70になるということなので気になっている人は今のうちに出資しておくのもいいのではないでしょうか。

(via Pronews)
(source Kickstarter)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top