AndroidになったNuAns NEO [Reloaded]発表 おさいふ対応、防水防塵で5月に発売

2017.2.20

トリニティがWindows 10 Mobileで販売したNuAns NEO。
その後継機となるNuAns NEO [Reloaded]が発表されました。

NuAns NEO [Reloaded]

発表会での細かい話はあとにして、とりあえずはスペックです。

NuAns NEO [Reloaded] NuAns NEO
OS Android 7.1 Windows 10 Mobile
ディスプレイ 5.2インチ 5.0インチ
解像度 1920×1080 1280×720
SoC Snapdragon 625 Snapdragon 617
RAM 3GB 2GB
ストレージ 32GB 16GB
microSD 最大1TB 最大128GB
バッテリ 3,450mAh 3,350nAh
メインカメラ 13MP F2.0 28mm 13MP F2.0 28mm
フロントカメラ 8MP F2.2 24mm 5MP F2.4 24mm
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
USB Type-C(USB 3.0) QC3.0対応 Type-C(USB 2.0) QC2.0対応
高さ 141mm 141mm
74mm 74.2mm
厚さ 11mm 11.3mm
重さ 後日発表 約150g
Felica 搭載 非対応
指紋センサ 対応 非対応
防水防塵 IP54 非対応

OSはWindows 10 MobileではなくAndroid 7.1 Nougatに変更されています。

これを待ち望んでいた人は多そうですね。
というかアンケート調査によるとNuAns NEO購入者の95%がAndroidを希望していたそうです。

そして、独立系のSIMフリー端末メーカーとしては初めて、おさいふ機能にも対応します。
ただ、現時点ではどのサービス(モバイルSuica、Edyなど)に対応するかはまだ決まっておらず、各社と協議中とのことです。

IP54とはいえ、防水に対応したのはうれしいポイントです。

外観はほぼ同じ カバーも共通

外観は細部に違いはありますが、ほぼ同じ。
NEOの特徴にもなっている交換可能な背面のカバーは、NEOとNEO [Reloaded]で全く同じものが使えるそうです。

筐体サイズは同じながら、ディスプレイは5.2インチに拡大。
NEOと比べるとかなり左右のベゼルがかなり狭くなっています。
なお、カバーガラスにはDragontrail Proを採用。

▲指紋が目立ちますが、まだ防指紋コーティングはしていないそう。

指紋センサは下部に配置。
指紋センサがあるだけで、ホームボタンとしては機能しません(ナビゲーションはオンスクリーンです)。
また、発売時にはもう少しフラットな感じになるそうです。

あと、すごく微妙な差ですが、上下のプラスチックフレーム部分がNEOよりも若干厚くなっています。
NEOでこの部分が割れるという報告が多かったので、その対応だそうです。

この部分、NEOはフラットだったので、じゃっかん樹脂が流れる様子が見えてしまっていたということで、スリット加工が施されています。
デザインにはかなり気を使っているみたいですね。

ちなみに、おさいふに対応しても、背面のカード入れは健在です。
生活防水対応ということで、SIMスロットとmiroSDスロットの部分にカバーが追加されていますね。

新素材のコルク。
[Reloaded]は防水対応ということで濡れても大丈夫なのか聞いたところ、「どぶ漬けは厳しいけど、多少濡れてもすぐに拭いてもらえれば大丈夫」ということでした。
また、シールで貼っているわけではないのでボロボロになっても剥がれてくるようなことはないそうです。

これも新素材のストーン。
実際に本物の石が使われているそうです。

セキュリティアップデートはできるだけ毎月配信

NuAns NEOが発表された際、Windows 10 Mobileを採用する理由としてAndroidの弱点が挙げられていました。

各社が独自にカスタマイズを施し操作性がバラバラ、アップデートは各メーカー任せという点ですが、今回Androidを採用するにあたり、この弱点克服のため、「カスタマイズはしない」という選択をしたとのこと。

セキュリティアップデートについてはできるだけ毎月配信し、メジャーアップデートについても製品ライフサイクル中には対応したいということでした。
ただ肝心のライフサイクルはまだ決まったいないということでしたが・・・。

ETWSへは対応している・・・はず

NuAns NEOで問題となった(まだ解決していないけど)緊急通報(ETWS)への対応ですが、「Reloadedでは出荷時から対応している(はず)」とのことでした。
きっと大丈夫と信じたいところです。

5月発売 49,800円(税込)

肝心の発売日と価格ですが、5月に発売予定で価格は税込49,800円。

前モデルは税抜39,800円だったので、税込みだと42,984円です。
なお、その前モデル、Windows 10 Mobile版のNEOは29,800円(税込)に値下げして併売するということです。

予約はすでに開始されています。
Amazonでも販売されますが、NuAnsの公式サイトから3月31日までに予約すると、カバーが付属するそうです。
ただ、どの色になるかは選べないとのこと。

NuAns NEO公式ストア

ケータイキャリアではY!Mobileでの取り扱いが決まっています。

[Reloaded]の由来

余談ですが、この[Reloaded]というネーミング、映画マトリクスからきているそうです。
マトリクスのヒロインはトリニティ、主人公はネオ。
そして映画2作目のタイトルがReloaded・・・。

3代目の端末はRevolutionsですね。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top