2016.10.26

Samsung、黒くなった新型Gear VRを11月10日に国内で発売

Gear VR

Samsungが新型のGear VRを11月10日に国内で販売すると発表しました。

広告

Galaxy Note 7が生産終了してしまったこのタイミングで?という気がしなくもないのですが、おそらくはdocomoからGalaxy Note 7が発売される前提で発売タイミングは決まっていたのでしょう。

スマートフォンとの接続部分はアダプタで交換できるようになっており、Galaxy S7 edgeやGalasy S6/S6 edgeで利用できるmicroUSBに交換できます。

2016-08-23 17.19.13

Galaxy Note 7用にUSB Type-Cのアダプタもありますが、Gear VRで必須のアプリ Oculus HomeがGalaxy Note 7のサポートを終了したため、利用することはできません(要するにGalaxy Note 7ではGear VRは利用できません)。

新型のGear VRですが、従来の白いGear VRとの違いは、スペック的には視野角が広くなったとの、本体側面にある操作系のインターフェースが変更されています。
ただ、視野角に関してはほとんど違いを感じませんでした。

2016-08-23 17.17.26

操作に関しては、ホームボタンが追加され若干便利にはなりましたが、大きなメリットではないですね。

従来のGear VRから買い替える意味はないと思います。

11月3日から予約開始、11月10日発売です。
価格は発表されていませんが、海外では従来品と同じ価格になっていました。

しかし、従来品の並行輸入版が8,000円を切る価格で販売されているので、新型ではなくこちらでもいいかも。

今後出るGalaxy S8やNoteの後継のことを考えるなら新型を買っておいたほうがいい(USB Type-Cになるだろうし)とは思いますが、そのころにはDaydreamが主流になっていないとも言えないので難しいところですね。

(source Samsung)

タグ: ,

back to top