人気の格安SIM 利用者シェアは楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioが3強

2016.6.16
SIM

ICT総研がMVNOの格安SIMについての市場動向調査結果を発表しました。

楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioがトップ3

格安SIMを利用しているユーザの回答を集計した結果、楽天モバイルが17%でトップ、次いでONCモバイルONEの16.5%、IIJmioの12.4%となっています。

e1a8e763585428f33ca315a7baab2bbc

ICT総研の調査は母数が613人とかなり少なく統計的な信頼性に不安がありますが、同様の調査をMMD研究所もおこなっており、こちらの母数も760人と少な目。

ただ、MMD研究所の調査結果では、OCNモバイルONEが17.2%でトップ、次いで楽天モバイル 16.6%、IIJmioが13.3%となっており、この3社が3強なのは間違いなさそうです。

(失礼ながら)楽天モバイルがトップというのは少々意外でしたが、この辺は知名度の差というところでしょうか。

事業者に対する信頼性はIIJmioがトップ

ICT総研の調査では、上記のシェアのほか「格安SIM」についての満足度調査も行っています。
この中で、「事業者に対する信頼性」はIIJmioが78.4ポイントでトップ、次いでmineo、OCNモバイルONEが75.1ポイントとなっています。

IIJmioは以前からなかの人がブログ「てくろぐ」を通じて情報を発信していたり、3か月毎に開催しているIIJmio meetingでユーザと交流を行っていたりするので、そういうところも評価されているのかもしれません。

mineoもユーザとの交流を大切にするという姿勢を打ち出しており、「マイネ王」というフォーラムを作ったり、ファンミーティングを企画したりしています。

OCNモバイルONEの信頼が高いのはNTTグループということが関係してるのかな?

全体的な満足度ではmineoがダントツ?

今回、ICT総研では格安SIMの利用者満足度として、先の「事業者に対する信頼性」を含め10項目について上位5社の名前を出しているのですが、各満足度について出てくる事業者を集計してみると、下記の結果になりました。

No. MVNO事業者 項目数
1 mineo 10
2 DMM mobile 8
3 IIJmio 6
3 UQ mobile 6
5 BIGLOBE 5
6 BIC SIM 3
6 OCNモバイルONE 3
8 Nifmo 2
9 楽天モバイル 1
9 イオンモバイル 1

mineoは10項目すべてにランクインしており、利用者の満足度が非常に高いということがうかがえます。

逆に楽天モバイルやOCNモバイルONEは利用者シェアが高いわりに全体的な満足度は低めな感じです。
楽天モバイルは唯一名前が挙がった「コストパフォーマンスの高さ」で選ばれているということでしょうか。

格安SIM利用者満足度

MVNOサービスの契約数は2016年末に1,550万契約に

このほか、MVNOサービス、格安SIMの契約数についても推測を行っており、2016年末までにMVNOサービスの契約数は1550万契約になると予想しています。

総務省が打ち出した「モバイル創出プラン」の目標が1,500万契約なので、これをクリアすることはほぼ確実のようですね。

(via CNet)
(source ICT総研)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top