Motorola、4G(LTE) + 3Gのデュアル待受けに対応したMoto G4 Plusを7月22日に発売

2016.7.13 (更新日:2016.07.20)
moto g4 plus

Motorolaが海外で販売中のMミドルクラス端末 Moto G4 Plusの国内販売を発表しました。
7月13日(水)から予約を受け付け、発売は7月22日(金)となります。
価格は32GBモデルが35,800円(税別)、16GBモデルが32,800円(税別)。

Moto G4シリーズの最上位 Moto G4 Plus

Moto Gの第4世代となるMoto G4は、海外ではMoto G Plus、Moto G、Moto G Playの3機種が発売されています。
今回国内で投入されるのは、最上位となるMoto G4 Plus。

※正式な名称はMoto G Plus(4th Gen)となるようですが、便宜上、Moto G4 Plusと表記されることが多く、BIGLOBEでもMoto G4 Plusとして発表しています。

スペック

主なスペックを同価格帯でディスプレイサイズも同じZenfone 2(4GBモデル)と比較してみます。

仕様 Moto G4 Plus Zenfone 2
ディスプレイ 5.5インチ 1920 x 1080 5.5インチ 1920 x 1080
プロセッサ Snapdragon 617
1.5GHz オクタコア
Atom Z3580
2.33GHz
メモリ 3GB 4GB
ストレージ 16GB/32GB + microSD(最大128GB) 32GB + microSD(最大64GB)
バッテリ 3,000mAh 3,000mAh
カメラ 16MP f2.0 / 5MP f2.2 13MP/5MP
高さ 152.9mm 152.5mm
76.5mm 77.2mm
厚さ 7.87mm 3.9~10.9mm
重さ 157g 170g
Wifi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz+ 5GHz) 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+ 5GHz)
NFC
指紋センサ

海外モデルのMoto G4 Plusはメモリが2GBまたは4GB、ストレージも16GBか64GBとなっており、国内モデルは専用に作られているようです。

なお、直接的に防水とは謳っていませんが、Moto X/Gシリーズは撥水ナノコーディングが施されており、高い防水性を持っているのも特徴です。

4G + 3Gのデュアル待受けに対応

Moto G4 Plusの最大の特徴は、国内端末としては初めて4G + 3Gのデュアル待受けに対応している点です。

これまで、国内でもデュアルSIM端末は販売されていましたが、それらは4G(LTE)/3GのSIMを挿すと、もう片方は2G(GSM)のみとなり日本国内では使用できないものでした。

しかしMoto G4 Plusでは片方に4G(LTE)のSIMを挿しても、もう片方で3Gが利用可能になっています。

これで何ができるのかというと、3Gでキャリアのかけ放題なSIMを挿し、もう方のSIMスロットに格安SIMを挿してデータ通信はこちらで行うなどの使い分けができるようになります。

海外に持っていた時にも、通話用には国内SIMをローミングで利用し、データ通信は現地の安いSIMを使うなんてこともできますね。

このデュアル待受けの仕様、先日発表されたASUSUのZenfone 3も対応しており、国内で発売されるのはこれが最初かと思っていたのですが、意外なところから出てきました。

価格はミドルクラスでもカメラ性能はハイエンド機並み

価格的にはハイミドルなMoto G4 Plusですが、そのカメラ性能はiPhone 6s PlusやNexus 6Pに並ぶハイエンド機並みの実力を持っているようです。
各種デバイスのカメラ性能を測定しているDxMarkによると、Moto G4 Plusのカメラ性能は100点満点中の84点となっています。

BIGLOBE、Amazonで予約受付中

Amazonでは32GBのモデルを受付中です。

また、MVNOではBIGLOBEが取り扱いを発表しています。
BIGLOBEでは、7月26日までに専用サイトでエントリーすると、購入時に3000円引きとなるクーポンを発行するというキャンペーンも行っています。

BIGLIBE プレスリリース

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

microUSB-USB-Aの両端がリバーシブル仕様になったABOATのUSBケーブル3本セットがお買い得

上下の区別がないUSB Type-Cケーブルはとても便利ですが、まだまだmicroUSBな端末も多いです。 そんな人にも便利そうな、両端のmicroUSB、Type Aとも両面挿しが可能なケーブル3本

心拍モニタを搭載し、スマートフォンの通知にも対応したWhitings Steel HRが1月20日に日本で発売

海外では昨年9月に発表されていたWithingsのアクティビティトラッカ、Withings Steel HRが1月20日に日本で発売になります。 関連:Nokia傘下のWithings、心拍モニタを搭

コストコのディナーロールで揚げパンを作ってみた

コストコには1袋36個入りで460円という、私のようにお金はないけどカロリーを確保したいという人には大変ありがたい食材も売っているのですが、賞味期限が2日~3日しかなくさすがに期限内に全部食べ切るのは

LINEモバイル、1月18日から端末保証オプションをスタート 2月17日までは既存ユーザも申し込みOK

LINEモバイルが1月18日(水)から端末保証オプションを開始すると発表しました。 この手の端末保証オプションは通常、新規契約の時にしか申し込めませんが、2月17日まで既存ユーザも追加で申し込みが可能

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可能で

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプ...

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

MENU

back to top