DxOMarkの評価は84点 Moto G4 Plusのカメラはハイエンド機並みの性能を持っている様子

2016.7.16
moto g4 plus

日本では7月22日に発売となるMoto G4 Plus。

海外ではすでに発売中で、様々なデバイスのカメラ性能を評価しているDxOMarkが5月にMoto G4 Plusのカメラも評価していました。
評価結果は100点満点中の84点とかなりの高評価で、同得点にはiPhone 6s PlusやNexus 6Pなどのハイエンド端末が並びます。

Moto G Plus
広告

評価が高いMoto G4 Plusのカメラ性能

評価の円グラフをみると、全体的に高評価を得ているのが分かります。

photo_spider

評価としては、

  • どんな照明条件でもフォーカスが速くて正確
  • 野外撮影では色鮮やか
  • 低光量や室内での撮影でもホワイトバランスが優れている

などの高評価を得ている一方で、

  • 野外撮影時に暗い部分のディテールが潰れている
  • 野外撮影時、青みがかることがある。
  • HDR撮影やホワイトバランスが時々おかしくなる

という点で低評価となっています。

ホワイトバランスがおかしくなるというのは、同じシーンを撮影してもホワイトバランスが変わってしまうということのようです。
素人目にはほとんどわからないですけどね。

outdoor_wb_fails

同スコア帯ではハイエンド端末が並ぶ

総合スコアは84点ですが、おなじ84点代にはiPhone 6s PlusやNexus 6P、moto Z Droidなどのハイエンド機が並びます。

Moto G4 Plusはハイミドルな端末で日本でも3万円代で購入可能になりますが、この価格帯としてはずば抜けたカメラ性能を持っていると言えそうですね。

(source DxOMARK)

タグ: ,

back to top