モレスキンが新しいスマートペンとノートのセット 「Smart Writing Set」を発表

2016.4.8
Moleskine-SWS_Design

紙に書いた内容をペンが読み取り、専用アプリ経由でGoogle Driveなどのクラウドにも保存できる「Smart Writing Set」をモレスキンが発表しました。4月6日より世界中で発売されていますが、残念ながら日本ではまだ未発売です。価格は$199。

手書きのデータをそのままデジタル化

Smart Writing Setは、専用のノートに印刷された肉眼では判別が難しい微小なパターンを専用ペン「Pen+」の赤外線カメラが読み取ることで、書いた内容をリアルタイムにアプリに送信しデジタル化できるというものです。ペンとアプリの通信にはBluetoothを利用します。

モレスキン専用ノート Paper Tablet

Smart Writing Setにはモレスキンの専用ノート Paper Tabletが付いてきます。これ自体は単品でも購入可能です($29.95)。名前の通り、タブレットっぽくノートの端が湾曲した仕上げになっているのですが、この部分からぼろぼろになっていきそうでちょっと心配です。

Moleskine-SWS_01

専用アプリ

アプリはiOS、Android向けに用意されています。

description_image3

Android向けにはNeo Smartpen N2用のアプリを利用するようです。

Neo Notes - Neo smartpen N2

Neo Notes – Neo smartpen N2
開発元:NeoLAB Convergence
無料
posted with アプリーチ

Neo NotesはiOS向けにもリリースされているのですが、iOS向けには専用アプリが別途用意されています。

Moleskine Notes - part of the Moleskine Smart Writing Set

Moleskine Notes – part of the Moleskine Smart Writing Set
開発元:Moleskine Srl
無料
posted with アプリーチ

これは世界観というかプロダクトイメージを統一しただけで機能的には同じなのかな?

Neo Smartpen N2のモレスキン版

アプリの対応からわかるように、この仕組み自体はモレスキンが開発したわけではなく、Smart Writing Setで使われる「Pen+」は、すでに市販されている「Neo SmartPen N2」のモレスキンコラボモデルのようです。

shop_pen_img

livescribeとの違い

この手のものが好きな人なら、「Livescribeとは何が違うのだろう?」と感じるかもしれません。

Livescribe 3 Smartpenはデジアナ融合文具の到達点かもしれない

実際、モレスキンはこれまでもLivescribeで使うアノトパターンが印刷されたノートブックを発売しています。

何が違うのかというと、ざっくり言えば紙に印刷されたパターンが違います。

アノト方式とNcode

Livescribeでは「アノト方式」というものでしたが、Smart Writing Setは「Ncode」というものを使います。この2つ何が違うのかというと、印刷されたパターンが違います。

Ncodeはアノト方式よりも印刷パターンが目立たないようですね。

ペン自体もコンパクト

もちろん印刷パターンが違うというだけではなく、ペンそのものもLivescribeとは違います。

画像はKickstarterより

画像はKickstarterより

N2はもともとKickstarterで出資を募っていたもので、そのキャンペーンページをみるとコンパクトさをアピールしていたことがわかります。

Livescribeのペンはかなり大型なのですが、N2は一般的なボールペンサイズになっていますね。

Bluetooth通信をするのでペン自体にもバッテリを搭載しています。充電はmicroUSBで行い、連続筆記で5時間、通常使用で3日ほどの電池もちとのこと。なお替え芯はD1というタイプですが、メジャーな4Cリフィルがほぼ同じサイズです(適合するかは不明)。

SmartPen N2は日本でも購入可能

そんなわけで、Smart Writing Setは日本では未発売ですが、SmartPen N2は日本でも公式に販売されています。

専用ノートも各種揃っているので、モレスキンブランドにこだわらなければすぐに試すことはできそうです。

(source moleskin)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEモバイルにLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」が誕生

LINEモバイルに新プランとなる「MUSIC+プラン」が誕生しました。 LINE MUSICがカウントフリーになるMUSIC+ LINEモバイルではLINEアプリがカウントフリー、つまりデータ量を消費

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導...

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォン向けアプリ第3弾として、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が発表されました。 配信予定は2月2日となっています。 既存のファイアーエムブレムシリーズの移植ではなく、スマー...

MENU

back to top