Microsoft、液晶一体型のSurface Stdioを発表

2016.10.27
surface_studio_overview_2_herofullbleed_v1

噂されていた通り、Microsoftが液晶一体型のSurface Studioを発表しました。

液晶一体型 Surface Stdio

液晶部分は28インチで解像度は4500×3000。10点マルチタッチのタッチパネル仕様で、Surface Penにも対応し、完全にフラットにはなりませんが、約20度の角度まで倒すことができます。

surface_studio_techspecs_2_herofullbleed_v1

土台部分がPC本体で、インターフェースはUSB 3.0 x4、フルサイズのSDスロット、Mini Display Port、3.5mmジャック、LANポート(1Gbit)となっています。

surface-studio-3

ストレージは最大2TBで、プロセッサ、メモリ、グラフィックの違いで下記の3モデルがラインナップされています。

  • Core i5 / 1TB / RAM 8GB / GeForce 965M 2GB $2,999
  • Core i7 / 1TB / RAM 16GB / GeForce 965M 2GB $3,499
  • Core I7 / 2TB / RAM 32GB / GeForce 980M 4GB $4,199

これは、最下位モデルでもOculus RiftとかViveは動くのかな?

すでに予約の受付が始まっており、最上位モデルのみ2017年初旬に出荷、他は2016年12月15日出荷とのことです。

これ、液晶部分のないセットトップ型も出してくれないかなぁ。

ダイヤル型インターフェースのSurface Dial

Surface Stdioとともにズームやボリューム、パレットの選択などアプリによって動作を変えるSurface Dialも発表されました。

surface-dial-3-1024x576

Surface Stdioの画面に乗せると、アプリ側でそれを認識し、Surface Dialの動作が自動で切り替わるようです。

surfacedial_5_featurepanelrightalign_v1

ダイヤル型の操作デバイスは以前からありましたが、アプリ側が自動認識する点が新しいですね。

なお、画面において自動認識する機能以外は、Surface Book、Surface Pro 4でも利用可能です。
Pro 3でも使えるのかな?

価格は$99で11月10日発売。
米Microsoft StoreではSurface Stdioを購入するとおまけでSurface Dialがついてきます。

(Source Microsoft, Windows Blog)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top