Mirosoft、クラムシェルタイプのSurface Laptopを発表。OSは新しいWindows 10 Sを搭載

Core i5で$999から。11インチモデルだったら迷ったかも。

2017.5.3

Microsoftが以前から噂のあったクラムシェル型、ようするに通常のノートPC型の「Surface Laptop」を発表しました。

キーボードは取り外しができない一体型で、形状的にはごく普通のノートPCですね。

OSは、同時に発表されたWindows 10 Sを搭載。クラウドでの利用を主眼に置いたOSですが、Chrome OSのようにほぼシンクライアントのようなものではなく、クラウドと親和性が高いWindowsという感じです。少なくともアプリはWindows Storeからしかインストールできないとのこと。野良アプリや古いアプリによるセキュリティリスクは回避できるので、主に教育機関向けという位置付けのようです。

そんなWindows 10 Sを搭載するSurface Laptopの主な仕様は下記。

仕様 Surface Book Surface Laptop Surface Pro 4
ディスプレイ 13.5インチ 13.5インチ 12.3インチ
解像度 3000×2000 2256×1504 2736×1824
重さ 1.52Kg 1.25Kg 0.766Kg
ストレージ 128GB,256GB,512GB,1TB 128GB,256GB,512GB 128GB,256GB,512GB,1TB
RAM 8GB,16GB 4GB,8GB,16GB 4GB,8GB,16GB
バッテリ持ち 約16時間 約14時間 約9時間

価格は、Core i5、RAM4GB、128GBSSD搭載モデルで$999から。なお、Windows 10 Sではなく、Windows 10 Proをインストールすることも可能だそうです。

発売は6月15日。

バッテリの駆動時間は魅力だけど、ちょっと微妙かなぁ。悪くはないと思うけど、あえて選ぶ理由もないような。

(source Microsoft(リリース), Surface Laptop,製品比較)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top