小米の6.44インチ端末 Mi MaxはXperia Z Ultraの後継機種になりえるか?

2016.5.14 (更新日:2016.05.19)
Mi MAX

Xiaomiが6.44インチのファブレット、Mi Maxを発表しました。6.44インチというと発売から2年以上経っているにもかかわらず根強い人気を誇るXperia Z Ultraと同じサイズです。Mi MaxはXperia Z Ultraの後継機となりうるのでしょうか?

Xperia Z Ultraと同じ6.44インチのミドルクラス端末

まずはMi Maxの主なスペックです。せっかくなのでXperia Z Ultraと並べてみました。

Xperia Z Ultra Mi Max
ディスプレイ 6.44インチ 6.44インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Snapdragon 800
2.2GHz クアッドコア
Snapdragon 652
1.8GHz オクタコア
Snapdragon 650
1.8GHz ヘキサコア
RAM 2GB 4/3GB
ストレージ 16GB+microSD 32/64/128GB+microSD
179.4mm 173.1mm
92.2mm 88.3mm
厚み 6.5mm 7.5mm
重さ 212g 203g
リアカメラ 8MP 16MP
フロントカメラ 2MP 5MP
バッテリ 3,050mAh 4,850mAh
指紋センサ ×
防水防塵 IP55,58 ×

SoC的にMi Maxはハイエンドモデルではなくハイミドルな端末ですが、それでも総じてXperia Z Ultraよりもスペックがあがっています。さすがに2年前の端末とは比べ物になりませんね。

スクリーンショット_051416_084256_PM

Mi Maxは3モデル

Mi MaxにはSoCとRAM、ストレージの組み合わせで、下記の3モデルが用意されています。

  • RAM 3GB + ストレージ 32GB、Snapdragon 650 1.8GHz ヘキサコア
  • RAM 3GB + ストレージ 64GB、Snapdragon 652 1.8GHz オクタコア
  • RAM 4GB + ストレージ 128GB、Snapdragon 652 1.8GHz オクタコア

価格はそれぞれ1499元(約25,000円)、1699元(約28,000円)、1999元(約33,000円)となっています。相変わらず安いです。

Mimax

最下位モデルは5月17日に中国で発売されますが、他の2モデルの発売日は未定となっています。

Xperia Z Ultraの後継機になりえるか?

個人的には、これまでXperia Z Ultraの後継機としてHuawei P8 Maxを推していたし実際に利用もしていました。縦こそ大きいもののサイズ感はほとんど変わらず(182.7 x 93 x 6.8mm)大きな不満はないのですが、難点として挙げるならXperia Z Ultraよりも重いということ(228g)。

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

しかし、Mi Maxは厚みこそ1mmほど厚くなりますが、全体に小さくなっており、重さも軽くなっています。スペックそしてサイズ感で考えるならXperia Z Ultraの後継機として申し分ないように思います。

ただ、あえて難点をあげるとすると防水ではないという点でしょうか。Xperia Z Ultraの防水端末でお風呂で動画を見るには最高の端末なんですよね(すでに現役を引退したうちのZ Ultraもこの用途では活躍中)。

あとXiaomiの端末なのでOSは素のAndroidとは若干違うカスタムOSのMIUIだったり、Google Playに非対応だったりと、そのまま使うには難があるということもあります。この辺はROM焼きが出来る人なら問題にならないとは思いますが。

そんなわけで、最下位モデルでいいので発売されたら入手しようかと思っています。本当はXperia Z Ultraの正当な後継が出てくれると嬉しいのですけどね。

追記:Xperia Z Ultraの正当な後継と言えるかはわかりませんが、6インチのXperia XA Ultraが発表されています。

(source Xiaomi)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

microUSB-USB-Aの両端がリバーシブル仕様になったABOATのUSBケーブル3本セットがお買い得

上下の区別がないUSB Type-Cケーブルはとても便利ですが、まだまだmicroUSBな端末も多いです。 そんな人にも便利そうな、両端のmicroUSB、Type Aとも両面挿しが可能なケーブル3本

心拍モニタを搭載し、スマートフォンの通知にも対応したWhitings Steel HRが1月20日に日本で発売

海外では昨年9月に発表されていたWithingsのアクティビティトラッカ、Withings Steel HRが1月20日に日本で発売になります。 関連:Nokia傘下のWithings、心拍モニタを搭

コストコのディナーロールで揚げパンを作ってみた

コストコには1袋36個入りで460円という、私のようにお金はないけどカロリーを確保したいという人には大変ありがたい食材も売っているのですが、賞味期限が2日~3日しかなくさすがに期限内に全部食べ切るのは

LINEモバイル、1月18日から端末保証オプションをスタート 2月17日までは既存ユーザも申し込みOK

LINEモバイルが1月18日(水)から端末保証オプションを開始すると発表しました。 この手の端末保証オプションは通常、新規契約の時にしか申し込めませんが、2月17日まで既存ユーザも追加で申し込みが可能

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可能で

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro ...

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプ...

MENU

back to top