小米の6.44インチ端末 Mi MaxはXperia Z Ultraの後継機種になりえるか?

2016.5.14 (更新日:2016.05.19)
Mi MAX

Xiaomiが6.44インチのファブレット、Mi Maxを発表しました。6.44インチというと発売から2年以上経っているにもかかわらず根強い人気を誇るXperia Z Ultraと同じサイズです。Mi MaxはXperia Z Ultraの後継機となりうるのでしょうか?

Xperia Z Ultraと同じ6.44インチのミドルクラス端末

まずはMi Maxの主なスペックです。せっかくなのでXperia Z Ultraと並べてみました。

Xperia Z Ultra Mi Max
ディスプレイ 6.44インチ 6.44インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Snapdragon 800
2.2GHz クアッドコア
Snapdragon 652
1.8GHz オクタコア
Snapdragon 650
1.8GHz ヘキサコア
RAM 2GB 4/3GB
ストレージ 16GB+microSD 32/64/128GB+microSD
179.4mm 173.1mm
92.2mm 88.3mm
厚み 6.5mm 7.5mm
重さ 212g 203g
リアカメラ 8MP 16MP
フロントカメラ 2MP 5MP
バッテリ 3,050mAh 4,850mAh
指紋センサ ×
防水防塵 IP55,58 ×

SoC的にMi Maxはハイエンドモデルではなくハイミドルな端末ですが、それでも総じてXperia Z Ultraよりもスペックがあがっています。さすがに2年前の端末とは比べ物になりませんね。

スクリーンショット_051416_084256_PM

Mi Maxは3モデル

Mi MaxにはSoCとRAM、ストレージの組み合わせで、下記の3モデルが用意されています。

  • RAM 3GB + ストレージ 32GB、Snapdragon 650 1.8GHz ヘキサコア
  • RAM 3GB + ストレージ 64GB、Snapdragon 652 1.8GHz オクタコア
  • RAM 4GB + ストレージ 128GB、Snapdragon 652 1.8GHz オクタコア

価格はそれぞれ1499元(約25,000円)、1699元(約28,000円)、1999元(約33,000円)となっています。相変わらず安いです。

Mimax

最下位モデルは5月17日に中国で発売されますが、他の2モデルの発売日は未定となっています。

Xperia Z Ultraの後継機になりえるか?

個人的には、これまでXperia Z Ultraの後継機としてHuawei P8 Maxを推していたし実際に利用もしていました。縦こそ大きいもののサイズ感はほとんど変わらず(182.7 x 93 x 6.8mm)大きな不満はないのですが、難点として挙げるならXperia Z Ultraよりも重いということ(228g)。

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

しかし、Mi Maxは厚みこそ1mmほど厚くなりますが、全体に小さくなっており、重さも軽くなっています。スペックそしてサイズ感で考えるならXperia Z Ultraの後継機として申し分ないように思います。

ただ、あえて難点をあげるとすると防水ではないという点でしょうか。Xperia Z Ultraの防水端末でお風呂で動画を見るには最高の端末なんですよね(すでに現役を引退したうちのZ Ultraもこの用途では活躍中)。

あとXiaomiの端末なのでOSは素のAndroidとは若干違うカスタムOSのMIUIだったり、Google Playに非対応だったりと、そのまま使うには難があるということもあります。この辺はROM焼きが出来る人なら問題にならないとは思いますが。

そんなわけで、最下位モデルでいいので発売されたら入手しようかと思っています。本当はXperia Z Ultraの正当な後継が出てくれると嬉しいのですけどね。

追記:Xperia Z Ultraの正当な後継と言えるかはわかりませんが、6インチのXperia XA Ultraが発表されています。

(source Xiaomi)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top