Xperia Z Ultra後継の大本命? Xiaomi Mi Maxが7月14日に香港で発売

2016.7.9 (更新日:2016.10.16)
Xiaomi Mi MAX

中国Xiaomiが6.44インチファブレット Xiaomi Mi Maxを7月14日から香港で発売すると発表しました。

Xiaomiの格安ファブレット Mi Max

Mi Maxは5月に中国で発売され、6月末にはインドでも発売開始しています。

Mi MaxにはRAMとストレージ、Socの違いで3モデルあるのですが、香港で発売されるのは最下位となるRAM3GB、ストレージ32GB、Snapdragon 650のモデルです。

日本へも直送可能なGearBestで扱っているのですでに国内で入手している人も多いのですが、香港で発売になると1ShopmobileExpansys等でも扱うと思うので入手性は上がりそうです。

香港での価格はHK$1799(23,000円)なので、送料手数料などを含めても3万円程度で購入可能になりそうですね。

Mi MAX

Xiaomi Mi Maxのスペック

香港版のスペックをディスプレイサイズが同じXperia Z Ultraと同じくファブレットなHUAWEI P8 MAXと比べてみます。

Xperia Z Ultra Mi Max HUAWEI P8 MAX
ディスプレイ 6.44インチ 6.44インチ 6.8インチ
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Snapdragon 800
2.2GHz クアッドコア
Snapdragon 650
1.8GHz ヘキサコア
Kirin 935
2.2GHzx4 1.5GHzx4 オクタコア
RAM 2GB 3GB 3GB
ストレージ 16GB+microSD 32GB+microSD(最大128GB) 32GB+microSD(最大32GB)
高さ 179.4mm 173.1mm 182.7mm
92.2mm 88.3mm 93mm
厚さ 6.5mm 7.5mm 6.8mm
重さ 212g 203g 228g
リアカメラ 8MP 16MP 13MP
フロントカメラ 2MP 5MP 5MP
バッテリ 3,050mAh 4,850mAh 4,360mAh
指紋センサ × ×
防水防塵 IP55,58 × ×

Xiaomi Mi MAX, HUAWEI P8 MAX

Snapdragon 650のパフォーマンスはSnapdragon 800とそん色ないらしく、むしろRAM3GBのメリットが大きいようです。
また、Mi MaxはXiaomiのフラッグシップ機であるMi 5やDual SIM仕様のXperia X、X Performanceと同様に3G + 4G(LTE)の同時待ち受けが可能なことが確認されています。

Xperia Z Ultraの後継争いの本命?

全体的にMi Maxの優秀さが目立ちますが、やっぱり防水ではないという点がネックでしょうか。
Z Ultraはお風呂で動画を見るにはちょうどよい端末なんですよねぇ。

それでも後継機が一向に出る気配のないXperia Z Ultraの代替え機種として本命とも言えそうな端末です。

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

Huawei P8 Max(左)とXperia Z Ultra(右)

しかしこのスペックで23,000円とか凄いですね・・・

(source Mi.com)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top