低価格な3Dプリンタ M3Dが大型化し機能アップしたM3D Proがまもなく登場

2016.8.14
m3dpro_m3d_micro

2014年にKickstarterで$199という低価格で話題となった3Dプリンタ The Micro(M3D)にサイズと機能がアップしたProバージョンが登場するそうです。

M3Dは私も使っているのですが、印刷可能範囲が113 x 109mm、高さ74mまでと小さく、スマートフォンケースはギリギリ印刷できません。
その分コンパクトですし、小物などを作るには十分なのですが、物足りなさを感じるのも事実です。

M3D Proはそんな不満を改善するためなのか、外形が266.7 x 266.7 x 266.7mmと大幅にサイズアップ(M3Dは185x185x185㎜)する代わりに印刷可能範囲が高さ198mm、平面では183 x 183mmとかなり拡大しています。
これだけあればスマートフォンのケースも印刷できそうです。

そのほか、M3Dでは対応していなかったHeated Print Bedになったり、積層ピッチが25~350μm(M3Dは50~350μm)になったり、内部メモリにデータを転送してPC不要で印刷できたりと機能アップも図られているとのこと。

M3D Pro

M3D Proは来週中にもKickstarterでキャンペーンを開始するということです。

まだ最低出資額がわかりませんが、M3Dが$199からだったことを考えると、$300くらいからでしょうかね?

最近は3Dプリンタが話題になることも少なくなってきましたが、飽きられたというよりも欲しい人にはすでに行き渡ってしまったということなのだろうと思います。
技術的にも製品的にもだいぶ成熟してきた感があるので、あとは低価格化を期待したいところですね。

(source M3D)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top