低価格な3Dプリンタ M3Dが大型化し機能アップしたM3D Proがまもなく登場

2016.8.14
m3dpro_m3d_micro

2014年にKickstarterで$199という低価格で話題となった3Dプリンタ The Micro(M3D)にサイズと機能がアップしたProバージョンが登場するそうです。

M3Dは私も使っているのですが、印刷可能範囲が113 x 109mm、高さ74mまでと小さく、スマートフォンケースはギリギリ印刷できません。
その分コンパクトですし、小物などを作るには十分なのですが、物足りなさを感じるのも事実です。

M3D Proはそんな不満を改善するためなのか、外形が266.7 x 266.7 x 266.7mmと大幅にサイズアップ(M3Dは185x185x185㎜)する代わりに印刷可能範囲が高さ198mm、平面では183 x 183mmとかなり拡大しています。
これだけあればスマートフォンのケースも印刷できそうです。

そのほか、M3Dでは対応していなかったHeated Print Bedになったり、積層ピッチが25~350μm(M3Dは50~350μm)になったり、内部メモリにデータを転送してPC不要で印刷できたりと機能アップも図られているとのこと。

M3D Pro

M3D Proは来週中にもKickstarterでキャンペーンを開始するということです。

まだ最低出資額がわかりませんが、M3Dが$199からだったことを考えると、$300くらいからでしょうかね?

最近は3Dプリンタが話題になることも少なくなってきましたが、飽きられたというよりも欲しい人にはすでに行き渡ってしまったということなのだろうと思います。
技術的にも製品的にもだいぶ成熟してきた感があるので、あとは低価格化を期待したいところですね。

(source M3D)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

似たようなことは身近でも起きてるかも。史上最大級の人災を描いた「バーニング・オーシャン」

4月21日に公開された映画「バーニング・オーシャン」を観てきました。 バーニング・オーシャンは2010年4月20日に海底油田掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で発生した人類史上最悪の石油事故をもとにした映画。事故 ...

News >モバイル

スマホのカメラの可能性。Googleの中の人がNexusとPixelの夜景撮影でデジタル一眼に挑む 

GoogleのGcamチームの一員であるFlorian Kainzさんが、Google Pixel、Nexus 6Pを使用して撮影した美しい写真の数々を公開しています。 夜景撮影でデジタル一眼に挑戦 Gcamチームは、2 ...

News >モバイル

Google Play Awards 2017ノミネートアプリ公開、受賞アプリはGoogle I/Oで発表

Googleが昨年から始めた「Google Play Awards」のノミネートアプリを発表しました。 Google Play AwardsはGoogle Playで公開されているアプリから優れたものを表彰するというもの ...

News >モバイル

HTC サポーターズクラブ発足、5月16日に台湾で行われる新製品発表会への招待も!

HTCが「HTC サポーターズ クラブ」を発足し、メンバーを募集開始しました。その中で、5月16日に開催されるHTC Uの発表会に招待するという企画も行われています。 HTC サポーターズ クラブ 世界初のアンドロイドス ...

Twitterの投稿をMastodonに流す3つの方法

だいぶ盛り上がりも落ち着いてきた感じのMastodonですが、Twitterと両方使っているという人も多いはず。Twitterで投稿したものを手動でMastodonにも流しているという人もいると思いますが、面倒だしなによ ...

MENU

back to top