LINEのスマートスピーカー「Wave」が先行予約を開始 1万円で7月下旬~8月上旬に発送予定

日本語の認識率がどの程度なのかが気になるところ。

2017.7.14

Amazon Echoを筆頭に、Google Home、MicrosoftのInvoke、Essential ProductsのEssential Home、そしてSamsungのVegaなどスマートスピーカーが雨後の筍のように登場し、世はまさにスマートスピーカー戦国時代という様相を呈してきています。しかし一方で、日本で使える(日本語で使える)製品はまだなく、世界のトレンドから取り残されている感もあります。

そんな中、日本語で利用できるスマートスピーカー、LINEの「Wave」の先行予約が7月14日から開始されました。

広告

LINEのスマートスピーカー「Wave」

Waveは、LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載するスマートスピーカー。製品自体は今秋発売予定ですが、これをMUSIC機能に特化させた形で先行予約として販売します。価格は10,000円で7月下旬~8月上旬に発送予定。購入特典として、LINE MUSICの6ヶ月間チケットが提供され、WaveでLINE MUSICを試すことが可能です。

先行予約版は機能が絞られていますが、今後のアップデートで製品版と同様の機能になるとのことです。

なお、購入にはLINEアカウントが必要なほか、支払いはLINE Pay経由となります。

本当はAmazon Echoが(Alexaが)日本語対応してくれるのが一番だと思うのだけど、とりあえず日本語で使うスマートスピーカーがどんなものなのか興味はあります。

(source LINE Friend)

タグ: , , ,

back to top