LINEモバイル、1月18日から端末保証オプションをスタート 2月17日までは既存ユーザも申し込みOK

2017.1.17

LINEモバイルが1月18日(水)から端末保証オプションを開始すると発表しました。

この手の端末保証オプションは通常、新規契約の時にしか申し込めませんが、2月17日まで既存ユーザも追加で申し込みが可能ということです。

2つの端末保証

端末保証オプションには、LINEモバイルで端末を購入した人向けの「端末保証」とLIENモバイル以外で端末を用意した向けの「持込端末保証」の2つがあり、金額と保証内容が若干異なっています。

端末保証

LINEモバイルで端末を購入した人向けの端末保証は月額450円(初月無料)。
故障時にはLINEモバイル端末保証センターに電話するとすぐに交換端末が発送され、最短翌日には到着するとのことです。

1回目は5,000円、2回目は8,000円で交換できます。
詳細が公開されていませんが、他社同様年2回までの対応になるのでしょう。

持込端末保証

LINEモバイル以外で端末を用意した人向けの持込端末保障は月額500円(初月無料)。

通常の端末保証と違い、いったん故障端末を送付し、修理か交換かを判断します。
希望者には、故障中の端末レンタルも行う予定とのことです。

修理・交換とも1回目は4,000円、2回目は8,000円。
こちらも年2回までの対応になると思います。

「つながる端末保証」とは別?

IIJmioや楽天モバイル、FREETEL、UQモバイルなど主要MVNOは「つながる端末保証」という名称で同様のサービスを提供しています。
実際には匠ワランティアンドプロテクションという委託会社がサービスを行っているので内容が一律なのですが、こちらでは修理の場合は上限5万円までは無償、それを超える場合は差額を請求という内容になっています。

しかしLINEモバイルの場合は修理・交換とも1回目4,000円、2回目8,000円となっており、サービス内容が少々違います。
LINEモバイルは匠ワランティアンドプロテクションには委託せず独自に保証、あるいは別の委託業者を使っているんでしょうかね?

※追記:上限5万円という制限があり、これを超える分は差額請求となるようです。
やっぱり匠ワランティアンドプロテクションをつかってるのかな?

LINEモバイル

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top