LG G5はアルミフレームをプラスチックでコーティングしてその上に金属風の表面処理をするという複雑な仕様

2016.4.2
LG G5

LGのフラッグシップ端末 LG G5は金属筐体を採用したことをアピールしていましたが、その割にプラスチックっぽいという話も出ていたようです。その謎がYoutuberのJerryRigEverythingさんによって明らかにされました。

アルミフレームの上にプラスチックコーティング

実際に筐体をナイフで削ってみたところ、表面は金属風のコーティングがされているだけで、すぐにプラスチックが現れます。「なんだ金属風メッキをしただけで金属筐体じゃないのか」と思うところですが、そのプラスチック層を削っていくと今度はアルミフレームに行きつきます。

ようするに、アルミフレームの上にプラスチックのコーティングを行い、さらにその上に金属風のコーティングを行うという手の込んだ仕様になっていました。

アンテナラインを隠すため?

なんでわざわざこんな手の込んだことをしたのかは、実際にLGに聞いてみないとわかりませんが、おそらくはアンテナラインが外観に出てくるのを嫌ったためでしょう。iPhoneもそうですが、金属筐体の端末はアンテナ感度を確保するためにアンテナのある部分のみプラスチック部品を使っています。

iPhoneのアンテナライン

LGはこのラインが表にでないよう、わざわざ金属フレームの上にプラスチックを重ねることで全体の統一感をだしたかったのではないでしょうか。それをするだけのメリットがあったのかどうかは定かではありあmせんが、LGのデザイナー的には外せないポイントだったのでしょう、たぶん。

(via Android Police)
(source Youtube)

LG G5 (SIMフリー, 32GB, Titan)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

News >モバイル

NuAns NEO [Reloaded]がモバイルSuicaに正式対応を発表

ところで発売はいつ?5月発売はないかな・・・

MENU

back to top