KODAK、21MPのカメラを搭載したスマートフォン KODAK EKTRAを発表

2016.10.20
kodak_ektra

写真(フィルム、プリント)関連メーカーのKodakが、21MPのカメラを搭載したスマートフォン Kodak EXTRAを発表しました。

一見するとズームレンズを搭載していそうな雰囲気ですが、ズームはなく、21MP F2.0、6軸OISを搭載した大きなカメラが特徴です。

inside_story_bg1_1920x0

上部(側面)にはシャッターボタンとストラップホールも装備。
表面は合皮のようです。

design_v1_1920x0

カメラのUIもカメラ操作を模したものになっていますね。

manualmode_woptions

詳細はまだ公開されていないようですが、判明しているスペックは以下のようになっています。

Kodak ektra
ディスプレイ 5インチ 1920×1080
プロセッサ Helio X20 10コア
RAM 3GB
ストレージ 32GB+microSD
バッテリ 3,000mAh
メインカメラ 21MP f2.0 6軸OIS 位相検出AF
フロントカメラ 13MP

英国および欧州で12月に£449(約57,000円)で発売になるとのことです。

PanasonicのDMC-CM10-S、ASUSUのZenfone ZOOMなどと競合しそうですが、KODAKが出してきたというのが面白いですね。

(via engadget)
(source Kodak)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

back to top