新型のKindle Oasisはコストパフォーマンスが悪すぎる

2016.4.14
Kindle Oasis

噂されていた第8世代Kindle、Kindle Oasisが発表になりました。日本では4月27日発売で、価格は35,800円から。

広告

デザインが一新 小型軽量になったOasis

従来のKindleのデザインとは大きく変わり、ベゼルの最も広い部分が横に来ました。このため、上下方向のサイズが小さくなり、横幅が増しています。幅が増すと持ちにくくなりそうですが、その広くなったところを掴めるようになったことで持ちにくさも解消しているようです。

Kindle Oasis

重さも131gと従来のKindleよりも大幅に軽量化されています。

バッテリ内蔵の革カバーが付属

今回、バッテリを内蔵した革カバーがオプションではなく標準添付となりました。本体が軽量化したのはバッテリを付属のケースに持たせたからですね。

カバー装着時には1日30分の使用で数か月はバッテリが持つとのこと。カバーなしでどの程度持つのかが気になりますが、公表はされていないようです。

Kindle Oasis

カバーのカラーはウォールナット、ブラック、メルローの3色。ウォールナットのみスウェード素材となっています。

Kindle Oasis

ディスプレイは変化なし

表示面のスペックとしては従来のPaperwhiteやVoyageと同じく6インチで300ppi。ディスプレイそのものは変化していないようですが、フロントライトに使われるLEDがVoyageの6個から10個へと増量され、より明るさが均一になったということです。

Kindle Oasis

コストパフォーマンス悪すぎない?

価格は一番安いキャンペーン情報つきのWiFiモデルが35,800円、一番高いキャンペーン情報なしの3Gモデルが43,190円です。この価格をどう感じるかは、電子書籍の専用機でどれだけ本を読むかというところにかかってきますが、私は正直高すぎると感じました。

KIndle Oasis

デザインが一新され、バッテリ内蔵のカバーという新アイテムも登場しましたが、機能的な面での目立った変化はありませんでした。バッテリ内蔵カバーは、いうなれば専用のモバイルバッテリを持ち歩いているようなものですし。

電子書籍はマンガを含めよく読むほうだと思いますが、最近はすべてAndroid端末(Huawei P8Max)のKindleアプリを使っています。充電こそ毎日しなければいけませんが、スマートフォンも毎日充電しているのでそこは苦になりません。直射日光下でディスプレイが見づらいという弱点はありますが、そもそも外で読むこともないですしね。

これが防水だったり、カラーE-Inkだったりすればまた違ったのでしょうけど、この金額を出すならiPad miniの16GBモデルを買ったほうが幸せになれる人が多い気がします。

実物を見たら印象が変わるのかな?

タグ: , , ,

back to top