これで落としても安心? 次期iOS 10.3にはAiPodsを探せる機能 

2017.1.25

巷ではなくしやすい、落とすのが怖いという声が根強いAppleのワイヤレスイヤホンAirPodsですが、そんな心配に対応するためか、あるいは自身でも落としやすいと思っているからなのか、次期iOS 10.3では「Find Your AirPods」という機能が追加されるということです。

個人的にはそれほど落としやすいとは思わないのですが、落としたときには便利そうですね。
実際には、現在リリースされているFind My iPhoneアプリにAirPodsを探す機能が追加され、iOS 10.3でそれが利用できるようになるということみたいです。

iPhoneを探す

iPhoneを探す
開発元:Apple
無料
posted with アプリーチ

ただAirPodsを探すといってもAirPods自身はBluetooth接続しかできません。
なので、探す側がAirPodsのありそうな場所に近づいていき、Bluetoothの通信圏内に入る必要があります。

また、通信圏内に入ったとしても具体的な場所はわかりません。
すくなくとも部屋の中(家の中)にあるのかどうかはわかりますけどね(AirPodsの電池がある限り・・・)。

しかし、そんなときのためにAirPodsが大音量で音を出すということもできるようです。
もちろん片方を落としてしまった時のために、片側からのみ音を出すことが可能です。
これなら、落とした場所に心当たりがあるなら何とか探せそうですね。

(source 9to5Mac)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top