FREETEL REIをライバル視? HUAWEI P9 liteとFREETEL REIのスペック比較

2016.6.9 (更新日:2016.06.16)
Huawei P9 lite

HuaweiがHuawei P9、P9 liteを6月17日に日本で発売すると発表しました。

Huawei P9は4月にグローバル向けに発表が行われており、日本市場向けにはRAM3GB、ストレージ32GBのモデルが投入されます。

P9のライカ製デュアルレンズを搭載したカメラがどんな感じなのか興味がありますが、気になるのはミドルクラスとなるP9 liteです。

HUAWEI P9 lite
広告

FREETE REI(麗)のライバルとなHUAWEI P9 lite

今回のHUAWEI P9 lite、価格が29,980円(税抜)、ディスプレイサイズも5.2インチということで、一足早く発売されているFREETELのSAMURAI REI(麗)と非常に近いものがあります。
発表時のスライドでもいちいちREIを比較対象に出してきており、かなり意識していることがうかがえます。

HUAWEI P9 liteとFREETEL SAMURAI REIのスペックを比較

まずはP9 liteのスペックです。FREETEL REIと比較してみます。

HUAWEI P9 lite FREETEL SAMURAI REI
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920 x 1080 1920 x 1080
チップセット Kirin650
2.0GHz x4 1.7GHz x 4
MT6753 1.3GHz x 8
RAM 2GB 2GB
ストレージ 16GB + microSD 32GB + microSD
カメラ 13MP/8MP 13MP/8MP
バッテリ 3,000mAh 2,800mAh
高さ 約146.8mm 145.8mm
72.6mm 71.5mm
厚さ 7.5mm 7.2mm
重さ 147g 136g
WiFi 802.11b/g/n (2.4GHz ) 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
Bluetooth 4.1 4.0LE
NFC 非対応 非対応
LTE B1/3/5/7/8/19/28 B1/3/7/8/19/20
WCDMA B1/5/6/8/19 B1/6/8/19
価格 29,980円 29,900円

プロセッサが強力なため、性能そのものはHUAWEI P9 liteのほうが勝っていますが、WiFiが2.4GHz帯にしか対応していない点に不満が残ります。
また、サイズ面でもREIのほうがコンパクトかつ軽量になっており、トータルではいい勝負をしているかなという印象です。

発表時にはサイズのことには触れずに比較していましたけどね。

HUAWEI P9 liteのベンチマークスコアはSnapdragon 810並み

上記のツイートにも含まれていますが、HUAWEI P9 liteはベンチマークアプリのAnTuTu、3DMarkのスコアが公開されています。

HUAWEI P9 lite FREETEL REI
AnTuTu 約52000 約37000
3DMark 約376 約197

AnTuTuのスコアが約52000というのは、おおむねSnapdragon 810搭載機と同等のスコアという感じです。
ただしグラフィック性能は若干低く、Snapdragon 615を搭載したMoto X Play並みといったところ。
逆に言うと、グラフィック性能が低くてもAnTuTuで高スコアを出しているので、演算能力はもっと高いと予想できます。

カメラ性能はP9 lite優位

気になったのがカメラ性能の比較です。

P9 liteではイメージセンサにSONYのIMX214を使用しており、これはNexus 6が採用しているのと同じものです。
P9 liteのF値はF2.0となりますが、REIのほうは公式に発表されておらず、撮影した写真から判断するとF2.2のようです。

REIのカメラはお世辞にも「クラス最高」とは言えないものでしたが、P9 liteは少なくとも2年前のフラッグシップ同等のセンサーを搭載しており、期待が持てそうです。

コスパはP9 liteのほうが高そう

単純にコストパフォーマンスとなると、HUAWEI P9 liteのほうが高そうです。
あとはサイズをとるか性能をとるかでしょうか。

また、REIは当然ながらFREETELのみの扱いですが、P9 liteは多くのMVNO業者が扱うので、セット購入で多くなキャンペーンをやっていたり、好きなMVNO業者で購入できたりといったメリットもあります。

HUAWEI P9 liteを扱うMVNO

DMM Mobile

6月16日(木)から受け付け開始。
価格は29,980円(税抜)。

⇒ DMM mobile

NifMo

先行予約受付中、発送は6月17日(金)から。
価格は28,889円(税抜)

NifMo

NifMoでは、TwitterのリツイートでHUAWEI P9 liteが当たるというキャンペーンを実施しています。

BIGLOBE

受付開始は6月17日から。
価格は1,240円 x 24(29,760円)(税抜)

⇒ BIGLOBE

楽天モバイル

現在予約受付中、発送は6月中旬から。
価格は期間限定で26,980円(税抜)

⇒ 楽天モバイル

このほか、AEON MobileとIIJmioも扱う予定ですが、まだサイト上では表示されていません。

Huawei P9 liteの単体購入ならAmazonが安い

上記のMVNO各社でキャンペーンも行われており、SIMと同時購入するならMVNOで購入するメリットがあるのですが、HUAWEI P9 lite単体で購入するなら、Amazonが10%オフになっており、安く購入することができます。

「SIMはもういい!」という場合にはAmazonや量販店などのポイントが付く場所でかうと良さそうですね。

FREETEL REIを買うかHUAWEI P9 liteを買うか

REIのBlackを買う気まんまんだったのですが、正直心が揺れています。
先にも書きましたが、スペックをとるかサイズをとるかという感じですね。

本当はHUAWEI P9が欲しいのですけどね。

(source HUAWEI)

タグ: ,
News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

back to top