HUAWEI P10 lite発表。ナックルジェスチャーや電子式手振れ補正に対応、6月9日発売

順当にスペックアップ。今回も売れそうです。

2017.6.6 (更新日:2017.06.15)

HUAWEIがHUAWEI P10 liteの国内発売を発表しました。6月6日より予約を開始し、発売は6月9日(金)となります。市場予想価格は29,980円。

P10 liteはグローバルでは3月に発表されていたモデル。国内で人気のあるP9 liteの後継モデルとなります。

ミドルクラスながらバランスのいいP10 lite

とりあえずP9 lite、そして下位モデルでありながらP9 liteよりもスペックが上なnova liteと比較してみます。

仕様 P10 lite P9 lite nova lite
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080
プロセッサ Kirin 658 Kirin 650 Kirin 655
メモリ 3GB 2GB 3GB
ストレージ 32GB+microSD(最大128GB) 16GB+microSD(最大128GB) 16GB+microSD(最大128GB)
高さ 146.5mm 146.8mm 147.2mm
72mm 72.6mm 72.94mm
厚さ 7.2mm 7.5mm 7.6mm
重さ 146g 147g 147g
バッテリ 3,000mAh 3,000mAh 3,000mAh
連続待受時間 LTE:532h/WCDMA:564h LTE:610h/WCDMA:630h LTE:531h/WCDMA:670h
連続通話時間 WCDMA:21h WCDMA:18.9h WCDMA:21h
メインカメラ 12MP f/2.2 電子式手振補正 13MP f/2.0 12MP f/2.2
インカメラ 8MP f/2.0 8MP f/2.0 8MP f/2.0
通信速度 下り(受信時)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
LTE B1/3/5/7/8/18/19/26 B1/3/5/7/8/19/28 B1/3/5/7/8/19/28
WCDMA B1/5/6/8/19 B1/5/6/8/19 B1/5/6/8/19
WiFi 802.11a/b/g/n/ac (2.4/5.0GHz) 802.11b/g/n(2.4GHz) 802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.1 LE 4.1 4.1 LE
センサ 加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, 指紋 加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋 加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋

順当にスペックアップしている感がありますが、もっとも大きいであろう変更は、WiFiの5GHz帯に対応している点です。

エントリー~ローミドルの端末ではこの5GHz帯に非対応ということが多いのですが、しっかりと対応しているのは好印象。同様に、省かれることの多いジャイロセンサも搭載しています。

追記:残念ながらUSBポートはmicroUSB。ここだけはマイナス要素です。

liteシリーズで初めてナックルジェスチャーに対応

P10 liteは、HUAWEIのliteシリーズでは初めてナックルジェスチャーに対応しています。

ナックルジェスチャーは指関節でノックしたり文字を描いたりすることでスクリーンキャプチャやアプリの起動などが簡単に行えるというもの。

非常に便利な機能ですが、従来は差別化のため、liteシリーズには非搭載となっていました。

なお、Android 7.0になったP9では、指関節で画面上に横線を引くと画面分割ができるという機能も追加されているのですが、P10 liteがこれに対応しているかは未確認です(出来そうな気がします)。

追記:横線を引いての画面分割にも対応していました。

価格的にもスペック的にも売れそう

6月9日に発売となりますが、すでにMVNO各社が取り扱いを表明しているほか、Amazonや家電量販店のも販売も行われます。

市場予想価格は29,980円(税抜)。

すでに楽天モバイルでは一括24,800円(ただし通話SIMでの契約)の三木谷割り対象となっていたりしますが、HUAWEI端末は他のMVNOでも早期から割引になることが多いので、今回もそれなりの割引が入るのではないかと思います。

追記:goo SimSellerでは、23,800円で販売中。

税込みで3万円を超えてしまうとやや手を出しにくい印象がありますが、割引等々で2万円台に収まるなら、価格的にもスペック的にも非常にバランスの取れた端末です。

nova liteとの価格差が約1万円あるので、スペックアップしている部分に1万円の価値を見出せるかどうかという事になりますが、P10 lite、かなりおススメできる端末だと思います。

(source HUAWEI)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

MENU

back to top