HUAWEI、次期フラッグシップ「HUAWEI Mate 9」発表 PORSCHE DESIGNのプレミアムバージョンも

2016.11.4 (更新日:2016.11.29)
mate9

HUAWEIがフラッグシップシリーズとなるMateの最新モデル、HUAWEI Mate 9を発表しました。

デザインもスペックも違う2つのMate 9

日本では発売されていませんが、Mate 8の後継となる今回のMate 9、PORSCHE DESIGNの限定版も同時に発表されています。

HUAWEI Mate 9

両者の違いにはあとで触れますが、ひとまず共通する仕様を見ていきます。

グラフィックが強化されたKirin 960

HUAWEIはプロセッサも自社生産できる数少ないメーカですが、Mate 9には最新のKirin 960が搭載されています。

ARMのCortex-A73と搭載した世界初のプロセッサですが、そういわれても普通の人にはピンときませんね。
HUAWEI P9に搭載されている前バージョンとなるKirin 955はマルチコアでのパフォーマンスはSnapdragon 820に迫る(GeekBenchでは勝っている)性能でしたが、グラフィックの性能の低さがネックでした。

ベンチマークアプリ HUAWEI P9
Kirin 955
Galaxy S7 edge
Snapdragon 820
Nexus 5X
Snapdragon 808
Quadrant 38018 40511 18952
AnTuTu 80896 129037 58217
Geekbench 3 シングル:1672
マルチ:5770
シングル:2083
マルチ:4696
シングル:897
マルチ:3051
3DMark 820 2368 1045

しかし、Kirin 960ではGPUにやはり世界初となるMail-G71を採用、グラフィック性能が180%アップしているそうです。

Kirin 960 GPU

また、消費電力も15%削減されています。

進化したライカ デュアルカメラ

P9でライカのデュアルカメラを搭載したHUAWEIですが、Mate 9ではそのデュアルカメラが第2世代に進化しています。

pic_revolutionary_phone

P9のデュアルカメラはどちらも12MPで一方がRGBで色彩情報を取得し、もう一方がモノクロ専用で被写体のディテール情報を取得。
この2つのデータをソフト上で合成することで精細かつ色彩豊かな画像を作り出す、というものです。

また、2つのカメラを搭載することでF0.95~F16というボケ味のコントロールも可能になりました(ワイドアパチャー機能)。

Mate 9では、RGBは12MPで変わりませんが、モノクロ側が20MPにアップ。
これを使い、2倍のハイブリッドズームが可能になりました。

Mate 9

HUAWEI Mate 9

HUAWEI P9はディスプレイサイズが5.7インチに大型化しています。
イメージ自体は従来のMateシリーズやPシリーズと変わらず、HUAWEIっぽいデザインですね。
筐体はユニボディの金属フレームとなっています。

HUAWEI Mate 9

指紋センサは背面に搭載されています。
honor 8と同様にボタンになっているのかな?

カラーは5色。ピンクっぽいMOCHA BROWN良さそうな色ですね。

Mate 9

日本でも発売予定

Mate 9は、日本も一次発売国であることが発表されています。
価格は€699(約8万円)ですが、VAT込みなので日本では68,000円くらいでしょうか?

発売時期がわからないのですが、中国ではすでにPre-Saleが始まっているようなので、年内には出てきそうです。

PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 9

今回発表されたもう一つのMate 9がPORSCHE DESIGNバージョンです。

PORSCHE DESIGN Mate 9

PORSCHE DESIGNというとBlackBerryのPOESCHE DESIGNバージョンもありましたね。

オリジナルのMate 9との違いはデザインだけではなく、ほとんど別モデルといってもいい端末になっています。

デザイン上はGalaxy S7 edgeあるいはNote 7のようなデュアルエッジで、指紋センサもホームボタン位置に来ています。
かなりGalaxyっぽいデザインです。

198317250

ディスプレイサイズも5.5インチと小型化していますが、解像度は2560×1440にアップ。
また、RAMも6GBに増量、microSDには非対応ですが本体ストレージが256GBになっています。

そして、GoogleのVRシステム、Daydreamにも対応しています(オリジナルのMate 9は非対応)。

価格は€1395(約156,000円)で2017年1月に発売です。
こちらもVAT込みなので、直輸入が可能なら13万円くらいですね。

スペック

Mate 9のスペックをHUAWEI P9と並べてみました。

仕様 P9 Mate 9 Porsche Design
Mate 9
ディスプレイ 5.2インチ IPS 5.9インチ IPS? 5.5インチ AMOLED
解像度 1920×1080 1920×1080 2560×1440
プロセッサ Kirin 955
2.5GHzx4+1.8GHzx4
Kirin 960
2.4GHzx4+1.8GHzx4
Kirin 960
2.4GHzx4+1.8GHzx4
RAM 3GB 4GB/6GB 6GB
ストレージ 32GB 32GB/64GB/128GB 256GB
microSD 最大128GB 最大256GB 非対応
メインカメラ 12MPx2 20MPモノクロ+12MP RGB 20MPモノクロ+12MP RGB
フロントカメラ 8MP 8MP 8MP
バッテリ 3,000mAh 4,000mAh 4,000mAh
高さ 145mm 156.9mm 152mm
70.9mm 78.9mm 75mm
厚さ 6.95mm 7.9mm 7.5mm
重さ 144g 190g 169g
WiFi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 BLE 4.2 BLE 4.2 BLE
USB Type-C Type-C Type-C
指紋認証
EMUI 4.1 5.0 5.0
Android 6.0 7.0 7.0

HUAWEI Mate 9製品仕様
PORSCHE DESIGB HUAWEI Mate 9製品仕様

Mate 9は5.9インチだけあって、かなり大きいですね。

デザイン的にもスペック的にもPORSCHE DESIGNが気になるけど、価格的にはちょっと手が出せないかなぁ・・・。

※追記:PORSCHE DESIGNと同じデザイン、スペックでストレージサイズだけが違うHUAWEI Mate 9 Proが中国向けに発表されました。

(source HUAWEI 1, 2)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

2月24日から始まったプレミアムフライデー、導入企業はSSRガチャ並みのレア度で実際に恩恵にあずかれた人はごくわずかのようです。 しかし、Amazonではプレミアだった人もそうじゃなかった人もビデオで

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

やっぱり出てきた、Moto Z用QWERTYなMoto Mods! motorolaのMoto Z / Moto Z PlayはMoto Modsという着せ替えジャケットに対応しており、バッテリーやカ

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

各種電子マネーや、bitcoinなどの仮想通貨はだいぶ浸透してきていますが、まだまだ現金が必要ですし、クレジットカードなども持ち運ぶ必要があります。 ただそれらを財布に入れて持ち運ぶのは紛失などが心配

Qualcomm、スタンドアロンVR開発キットをSnapdragon 835にアップデート

QuaicommがSnapdragon 835になったスタンドアロンVRの開発キットを発表しました。 昨年9月にはSnapdragon 820版の開発キットを発表していたので、そのバージョンアップです

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

HUAWEIが今週末から始まるMWCでHUAWEI P10とともに発表するスマートウォッチ、HUAWEI Watch 2がリークしています。 Android Wear 2.0を搭載する端末で、LG W

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

やっぱり出てきた、Moto Z用QWERTYなMoto Mods! motorolaのMoto Z / Moto Z PlayはMoto Modsという着せ替えジャケットに対応しており、バッテリ...

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

各種電子マネーや、bitcoinなどの仮想通貨はだいぶ浸透してきていますが、まだまだ現金が必要ですし、クレジットカードなども持ち運ぶ必要があります。 ただそれらを財布に入れて持ち運ぶのは紛失などが...

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

2月24日から始まったプレミアムフライデー、導入企業はSSRガチャ並みのレア度で実際に恩恵にあずかれた人はごくわずかのようです。 しかし、Amazonではプレミアだった人もそうじゃなかった人もビデ...

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

HUAWEIが今週末から始まるMWCでHUAWEI P10とともに発表するスマートウォッチ、HUAWEI Watch 2がリークしています。 Android Wear 2.0を搭載する端末で、L...

MENU

back to top