HUAWEI、上下左右と裏面もエッジになったhonor Magicを発表

2016.12.16
honor-magic-2

HUAWEIが予告していた通り、同社のサブブランド honorの最新機種 honor magicを発表しました。

左右だけでなく、上下、裏面も湾曲した「honor Magic」

噂ではXiaomiのベゼルレス端末 Mi MIXの対抗製品を出すのではないかということですが、発表されたmagicはベゼルレスのように見えなくはないものの、エッジスクリーンでベゼルレスを演出しているみたいですね。
左右だけでなく上下も湾曲、そしてディスプレイ面だけでなく背面も湾曲しており、かなりシャープな印象になっています。

honormagic

スペック

honor Magic honor 8
ディスプレイ 5.09インチ 5.2インチ
解像度 2560 x 1440 1920 x 1080
プロセッサ kirin 950 Kirin 950
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB + microSD
カメラ 12MP x 2 / 8MP 12MP x 2 / 8MP
バッテリ 2900mAh 3,000mAh
高さ 146.1mm 145.5mm
69.9mm 71mm
厚さ 7.8mm 7.45mm
重さ 145g 153g
WiFi 802.11 b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 LE 4.2 LE
NFC 対応 対応
Android 6.0 6.0
LTE B1/2/3/4/5/7/8//12/17/18/19/20/26/28 B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

ベースはhonor 8と変わらない感じです。
honorブランドということもあって、あまりハイエンドよりになるのは避けたのでしょうか?

Magicの特徴的な機能

「Magic」というのにふさわしいかどうかはわかりませんが、honor Magicには特徴的な機能が搭載されています。

WiseScreen

一つ目がWiseScreen。
端末前面にある赤外線センサがユーザの目を認識、またフレーム内にあるセンサが端末を手に持っているかどうかを検出し、画面を見るように持つと自動で画面がONになり、また下を向けたりカバンに入れたりすると自動でOFFになるとのこと。

5850eccfn8472f299

FaceCode

2つ目がFaceCode。
要するに顔認識技術ですが、登録した所有者が端末を持っている場合にのみメールの通知などの詳細を表示し、それ以外の人の場合には詳細を隠すという機能です。

9k

中国国内のみで販売?

グローバルでの発売が不明ですが、中国国内ではすでに予約を開始しており、12月25日に発売となるようです。
価格は3699元(約63,000円)とhonorシリーズとしてはかなり高めです。

持ちやすさだとか、落としたらすぐに割れそうだとかの懸念はありますが、かなり面白そうな端末ですね。
これは実物を見てみたいなぁ。

(source honor)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top