スマートフォンの未来形? フレキシブルかつ立体的に見えるディスプレイを持ったスマートフォン holoflex

2016.5.7
Teapot

クイーンズ大のヒューマンメディアラボが柔軟に曲げることのでき、かつ裸眼でも立体的に見えるというスマートフォン、「holoflex」を発表しました。

このディスプレイ、1920 x 1080の解像度をもつタッチスクリーンディスプレイで、画像は12ピクセル幅の円形ブロックにレンダリングされており、その上に16,000個以上の魚眼レンズが配置されています。解像度が低く見えるのはこのためですね。魚眼を通した解像度は160 x 104になります。

holoflex

曲げることのできるフレキシブルディスプレイになっていることで、例えば3Dプリンタで使う3DモデルをX、Y、Zの3軸で同時に操作(動画中にもありますが、ディスプレイを曲げることでZ軸方向に操作可能)したり、アングリ―バードのようなゲームも画面から飛び出すような感じで操作できるということです。

AngryBirds

スマートフォン自体はSnapdragon 810、RAM2GBでAndroid 5.1が動作しているということです。

フレキシブルディスプレイ自体は、それほど珍しくもなくなってきていますが、問題はそれを組み込んだスマートフォン自体の柔軟性をどう確保するかという点ですね。holoflexがこれをどう処理しているのかが気になります。

LG、丸めることが出来る世界初の透明なフレキシブル有機ELディスプレイを開発

holoflexの詳細は5月9日にサンノゼで開催されるCHI2016で発表されるということです。

(via Android Authority)
(source クィーンズ大)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

実写版「美女と野獣」、王子さまは野獣のほうがイケメンな気が・・・

4月21日から公開されているディズニー映画「美女と野獣」を観てきました。実は原作、アニメを含め、美女と野獣を観るのはこれが初めて。周りはカップルや女性ばかりだったので、実はおっさんが1人で見る映画ではないのかもしれません ...

News >モバイル

HTC、5月16日のフラッグシップ発表会の告知サイトを日本でもオープン。ライブストリーミングで配信予定

先日、紹介したHTCの発表会予告ですが、HTC Japanもライブ配信を行うということで特設ページをオープンしました。 関連:HTC、側面にセンサを搭載するHTC Uを5月16日に発表。 – Dream Seed 「かつ ...

News >モバイル

iPhoneをマッキントッシュ風にするスタンド「W4 STAND」。ただしそれ以上の機能はありません。

Apple Watchを初代マッキントッシュ風にする充電スタンド「W3 STAND」を発売しているelagoが、今度はiPhoneをクラシカルなマッキントッシュ風にするスタンド「M4 Stand」を発表しました。 シリコ ...

雑記

使ってみた? Android 7.0のGalaxy S7 edgeで利用できる「セキュリティフォルダ」

先月から開始されている国内Galaxy S7 edge向けのAndroid 7.0へのアップデート。そのアップデートにより「セキュリティフォルダ」という新しい機能が利用可能になっています。 プライベートなデータを守る「セ ...

Amazon、最大3000円オフになる「IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」開催中

Amazonで格安SIMとSIMフリースマートフォンのセットが最大で3000円割引になる「【最大3,000円OFF】IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」を開催しています。SIMはIIJmioとBIC SI ...

MENU

back to top