自分が普段話している内容で英語学習ができる「ウェアラブル英会話教師 ELI」

2017.3.13

仕事や旅行などのシチュエーションに合わせた英会話学習というはありふれていますが、完全にパーソナライズされた英会話学習を提供するデバイスとアプリ「ELI」のプロトタイプを博報堂が発表しました。

このELI、昨年Googleが開催していたアイデアコンペ、Android Experiments Objectでグランプリを受賞した4作品のうちの1つです。

デバイス自体は襟に装着し、ユーザが話す日本語を常に常に録音・解析を行います。

スマートフォンアプリでは解析された日本語を基に普段利用する会話内容にあった英会話レッスンを組み立て、それに沿って学習していくことが出来るというものです。

現在は「日本語→英語」のみですが、将来的には「英語→日本語」や他の言語への展開に加え、同じ嗜好の人がつながり、モチベーションを高めあうコミュニティーの構成なども管挙げえているということです。

現在はプロトタイプということで、発売時期やそもそも製品化されるのかも不明ですが、面白そうなプロダクトではありますね。
ただ、うっかりすると言葉を発するのがコンビニで買い物をするときぐらいの日もあったりするので、そういう場合の学習がどうなってしまうのかは気になるところです。

(via CNet)
(source 博報堂)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top