毎月2億人が利用しているGoogleフォトが1周年 Nexusデバイスでは「元のサイズ」で無制限アップロードが可能に?

2016.5.30
Emoji

Googleのオンライン フォト ストレージサービス Googleフォトが1周年だそうです。もう1周年というよりまだ1周年だったんだという感じのほうが強いですが、これを記念してGoogleがいくつかの情報を投稿しています。

全ファイルをスワイプするには424年必要

Googleフォトでは、毎月2億人がGoogleフォトを利用しており、これまでに16億のアニメーション、コラージュ、ムービーを配信してきたそうです。また、使われているストレージ容量は13.7ペタバイトになっており、すべてスワイプするには424年かかるとか。

写真には2兆個のラベルが使われていますが、そのうちの240億個はsellfieだそうです。意外と少ないかな?

このほか、GoogleのブログではGoogleフォトのTipsがいくつか紹介されています。

(source Google)

Nexus端末はオリジナルサイズで無制限アップロードが可能になる?

Googleフォトではストレージ容量を消費する「元のサイズ」と容量無制限の「高品質(16メガピクセルに圧縮される)」でのアップロードを選ぶことができますが、写真家(プロアマ問わず)やなにかしら特殊な用途に使うのでない限り通常は高品質で問題ないと思います。ただ、できれば「元のサイズ」でアップロードしたいというというのが誰しも持っている本心ではないでしょうか。

そんな要望を満たすためか、Nexusデバイスでは「元のサイズ」で無制限のアップロードができるようになるかもしれません。最新のGoogleフォトのアプリの中に、それらしい文字列が見つかっています。

With Nexus, back up all you want!
Unlimited free storage for original quality photos & videos uploaded from your Nexus device

「高品質」の場合、16MP以下でも圧縮が行われています

そうはいってもNexusのカメラは12.3MPなので「高品質」でアップロードしてもいいんじゃ……と思ってしまいそうですが、Googleフォトの「高品質」では解像度が16MP以下でもファイルサイズを小さくするために圧縮が行われています。普通の人はほとんど気にしないとは思いますが、この圧縮がなくなるだけでもうれしいという人がいるのかもしれません。

Eye-FiなどでNexusにデジタル一眼の写真を持ってきて、それをアップロードするとどうなるのかが気になるところではありますが、「元のサイズ」で無制限アップロードの対象になるのかな?それともどの端末で撮影した写真なのかをチェックするのでしょうか?アップロードしてからクラウド上で判断すればいい話なのでチェックっしそうな気がするなぁ。

(source Android Police)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top