Google、物理的にフリックできるキーボードを発表 ネタだけどネタじゃない

2016.4.1
Google日本語入力

毎年、エイプリルフールにはさまざまな日本語入力環境を提案してくるGoogleですが、今年は物理キーボードによるフリック入力が登場しました。

物理的にフリックできるキーボード

毎年ややおふざけ的な要素が強いGoogleの日本語入力ですが、今年はちょっと違います。

Google日本語入力

まずキースイッチには上下左右そして押し込みの5軸に対応したメカニカルスイッチを採用。キーストロークは上下が10mm、左右が8mm、押し込みが0.7mmということです。

Google日本語入力

この5軸を利用してフリック入力を再現しているのですね。動作的にフリックとはちょっと違う気もするけども。

5軸メカニカルスイッチ採用

使われているスイッチはSJoys 2-axes joystick moduleというやつ。ゲームコントローラのアナログスティックなどに使われているスイッチです。

SJoys 2-axes joystick module

接続はBluetooth

PCとの接続はBluetoothを利用。Bluetoothモジュール(RN-42-I/RM)をオープン開発環境のArduino Nanoに繋げています。

M-07612

設計図はGithubで公開

パーツがやけに具体的なのでうすうす気づいた人もいるかもしれませんが、このキーボード、実際に作ることができます。

回路図やフリック入力部分のファームはGitHubで公開されています。

必要なパーツとしては下記。

  • Arduino Nano x 1 約3,000円
  • RN-42-I/RM x 1 約2,000円
  • SJoys 2-axes joystick module (Sainsmart) x 12 約200円/個
  • 0.1uF ceramic capacitor x 4
  • 470 ohm resistor x 1
  • 1k ohm resistor x 1
  • Connectors

トータルで部材等を含めても1万円あればおつりが出そうですね。

ただGitHubで公開されているものには、検索キーや削除ボタンなどが含まれていません。これらを追加するにはボタンがプラス8個(5軸じゃなくて普通の押し込みでOK)とプログラムを改修する必要があります。

意外と実用的?

これ、もう少し小さくできれば意外と実用出来な気がしなくもないです。最近はQWERTYなキーボードは触れないけどフリックならできるという人も多いみたいだし。

アルファベットへの切り替えが問題ですが、キートップを有機ELとかにして都度書き換えられるようにすれば解決するかな?

(source Google)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top