カメラ性能が大幅に向上したGalaxy S7 edgeがau、docomoから発売

2016.5.11
scv33_detail_09

au、docomoからそれぞれ夏モデルとしてSamsung Galaxy S7 edgeが発表されました。以前、Samsungの公式サイトでは一回り小さいGalaxy S7の記載もあったので期待していたのですが、こちらはリリースされないようです。

5.5インチだけど横幅は5インチ並みのGalaxy S7 edge

Galaxy S7 edgeはその名前の通りディスプレイの左右が湾曲したデザインが特徴ですが、このデザインのため5.5インチという大画面であっても横幅は5インチスマートフォンと変わらないサイズになっています。

例えば同じ5.5インチのiPhone 6s Plusの横幅は77.9mm。対してGalaxy S7 edgeは72.6mm、同時に発表された5インチのXperia X Performanceは71mmとなっています。

Galaxy S7 edgeとXPeria X Performanceのスペック比較

夏モデルで直接のライバルとなりそうなXperia X Performanceとスペックを比較してみると下記のようになります。

Galaxy S7 edge Xperia X Performance
ディスプレイ 5.5インチ 5インチ
解像度 2560 x 1440 1920 x 1080
CPU Snapdragon 820
2.2GHz + 1.6GHz
クアッドコア
Snapdragon 820
2.2GHz + 1.6GHz
クアッドコア
RAM 4GB 3GB
ストレージ 32GB 32GB
バッテリ 3600mAh 2570mAh
防水防塵 IPX5,8/IP6X IPX5,8/IP6X
背面カメラ デュアルピクセル
12MP
23MP
フロントカメラ 5MP 13.2MP
ワンセグ/フルセグ ○/○ ○/○
指紋認証
サイズ 150.9 x 72.6 x 7.7mm 143.7 x 70.5 x 8.6mm
重さ 約158g 約165g

Galaxy S7 edgeはバッテリサイズが大きいにも関わらずXperia X Performanceよりも軽くなっていますね。これはXperia X Performanceが金属筐体ということも関係していそうですけど。

カメラ性能が向上

Galaxyシリーズのカメラはもともと性能がよく、フォーカスも早かったのですが、Galaxy S7 edgeではさらなる性能向上を図るため、一眼レフカメラに使われているデュアルピクセルセンサーを採用しています。また、やはりデジタル一眼レフで使われている位相差オートフォーカスを利用することでオートフォーカス速度もかなり速くなっています。

下記はグローバル版発表時に公開されたGalaxy S6とのフォーカス性能の比較動画ですが、Galaxy S6と比べてもフォーカスが速くなっているのがわかります。

また、イメージセンサの画素サイズはS6と比べて56%大きい1.4μm、F値も25%明るいF1.7になっており、この2つの組み合わせでS6よりも95%明るく写るということです。

気になる背面デザイン

グローバル販売されているスマートフォンが国内でリリースされる際に必ず話題になるキャリアロゴですが、今回、au、docomoともに正面にはSAMSUNGのロゴもキャリアロゴも入っていません。代わりに背面デザインはそれぞれオリジナルなものになっています。

左からグローバル版、au版、docomo版

左からグローバル版、au版、docomo版

相変わらずdocomoは自己主張が強いですね。

購入するなら事前予約が絶対おすすめ

今回、au、docomoともにGalaxy S7 edgeを事前予約するとVRゴーグル Gear VRがもれなくもらえるというキャンペーンを実施しています。

gearvr

どちらも5月19日(木)発売で18日(水)までの予約が対象ですが、ドコモのオンラインショップでの予約は5月16日(月)までが対象なので注意してください(ショップでの予約は18日まで)。

Gear VRはハイスペックなVRゴーグル Oculus RiftをリリースしているOculusが開発しており、ダンボール製のCardboardなどとは一味違ったVR体験が可能です。

単品で買うと1万円以上するものなので、Galaxy S7 edgeの購入を検討しているなら事前予約が絶対おすすめです。

link: ドコモオンラインショップ, au公式サイト

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1は...

MENU

back to top