Galaxy S7、S7 edgeに搭載のAlways On DisplayにみるSmasungの消費電力削減の試み

2016.3.29
Galaxy S7 AOD

SamsungのGalaxy S7、S7 edgeにはスリープ状態でも常時ディスプレイに時計などの情報を表示できるAlways On Display(AOD)という機能が搭載されています。指定した画素のみを発行できる有機ELディスプレイでは珍しくない機能のようにも思えますが、Samsungでは3年という年月を掛けて実用レベルの機能に仕上げたということです。

スリープモード時の消費電力は従来の5分の1に

AODは指定した画素のみを発行させるとはいえ、余分に電力を消費します。この消費分をねん出するために、 Display Driver IC (DDI)を最適化。これによりスリープ時の消費電力は5分の1になりました。これはエッジディスプレイのみを使用するGalaxy S6 edgeのナイトクロックモードのほぼ半分の消費電力だそうです。

状況により8色と1600万色を使い分ける

Galaxy S7 AOD

AODでは消費電力を効率化するため、時計や日付などのシンプルな情報を表示する場合には8色表示、イラストなどを表示する場合には1600万色表示と使い分けています。この切り替えはDDIの調整を含め、ソフトウェア、ハードウェアの両面で実現しているとのことです。

また、通常モードと比べて1秒あたりのフレームレートを低くすることでも消費電力の削減を行っているそうです。

カバンの中などではAODは自動でOFFに

そんなAODですが、カバンの中などユーザが見ることが出来ない状況では、自動的にOFFになります。これには加速度センサや近接センサ、環境光センサを利用しているとのこと。ちなみにバッテリが5%以下になった場合も自動でOFFになるようです。

スマートフォンにもまだまだ改善点はある

最近のスマートフォンは、ソフト面での使い勝手や単純なスペック競争になっている部分がありますが、こういう消費電力削減の試みなんかを見ていると、まだまだ改善の余地はあるのだなぁっと感じます。

そしてやっぱりGalaxy S7欲しいなぁ。docomo版が出るのを待とうかとも思ったけど、海外版を買っちゃうかなぁ。

(via SamMobile)
(source Samsung)

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top