FREETEL、上限固定の「定額プラン」と端末代と無料通話分も含んだ「プレミアムバリュープラン」を5月27日から開始

2016.5.19
Freetel

FREETELがREIの発表に合わせて新料金プランを発表しました。従来の使ったデータ量に合わせて料金が段階的に上がっていく「使った分だけ安心プラン」は「青天井だ!」という批判もあったらしく、データ量を固定にした「定額プラン」が新設されました。

上限固定の「定額プラン」

「使った分だけ安心プラン」は~100M、~1GB、~3GB、~5GB、~8GB、~10GBという感じの段階的な料金プランになっていましたが、本当は1GBだけのつもりだったのにうっかり超過して3GB分の料金がかかってしまった、ということも発生してしまいます。そこで定額プランでは1GBなら1GB、5GBなら5GBまでの上限固定プランになっています。というか他社では普通のプランですね。

種類 1GB 3GB 5GB 10GB 20GB
データ専用 499 900 1,520 2,470 4,870
データ専用+SMS 639 1,040 1,660 2,610 5,010
データ専用+SMS+音声 1,199 1,600 2,220 3,170 5,570

金額的には、「使った分だけ安心プラン」の各上限と同じですが、~100MB、~8GBという枠がなくなり、代わりに20GBが新設されています。

なお、各上限に達したあとは、200kbpsで通信が行えるということです。

端末代と通話料も含んだ「プレミアムバリュープラン」

端末代を24か月の分割払いにし、さらに一定額の通話料金も定額に含む「プレミアムバリュープラン」も登場しました。REIだけでなく、KIWAMIやMUSASHI、MMIYABIにも適用でき、各端末での料金は下記のようになります。

種類 プランXS
1GB
15分
プランS
3GB
30分
プランM
5GB
60分
プランL
10GB
60分
プランXL
20GB
60分
REI 3,790 4,190 4,790 5,740 8,140
KIWAMI 4,310 4,710 5,310 6,260 8,660
MUSASHI 3,530 3,930 4,530 5,480 7,880
MIYABI 3,290 3,690 4,290 5,240 7,640

MNPの場合はそれぞれの料金から1年間だけ800円割引になります(2年目は通常価格)。

各端末代金が24回払いになっており、イニシャルコストがかからないのが特徴です。ただ、計算してみるとそれほど安いわけでもありません。

プランXS、プランSは割高

例えばREIの場合は、本体価格は29,900円。24回払いにすると1か月あたり1,246円です。これを上記のバリュープランから引いてみると下記のようになります。

種類 プランXS プランS プランM プランL プランXL
プレミアムバリュープラン 2,544 2,944 3,544 4,494 6,894
データ専用+SMS+音声 1,199 1,600 2,220 3,170 5,570
差額 1,345 1,344 1,324 1,324 1,324

この差額約1,300円が無料通話分と考えられるわけですが、同様に残りの機種の差額も計算すると下記になります。

種類 プランXS プランS プランM プランL プランXL
REI 差額 1,345 1,344 1,324 1,324 1,324
KIWAMI 差額 1,453 1,452 1,432 1,432 1,432
MUSASHI 差額 1,298 1,297 1,277 1,277 1,277
MIYABI 差額 1,266 1,265 1,245 1,245 1,245

FREETELでんわは10円/30秒なので15分なら300円、30分で600円、60分で1,200円となります。プランM、L、XLであればトントンといったところですが、プランXS、プランSだとはっきりと割高ですね。

通信費を節約するなら定額プランがおススメ、プレミアムバリューはあまり価値を感じない

上限固定でそれ以上費用がかからない定額プランは、月々の支払を抑えたい人には待っていたプランではないでしょうか。ただプレミアムバリューはあまり価値を感じないですね。端末の分割払いができるという点に魅力を見いだせるかどうかですが、もともと安い端末なので一括で買ってしまったほうがいい気がします。量販店で買えばポイントも付くだろうし。

5月20日から1GB無料キャンペーンも開始

以前に行っていた1年間1GB無料のキャンペーンですが、5月20日からまた再開するそうです。定額プランで1GB無料なら最大1年間は0円運用も可能ですね。

最後に関係ないけど、佐々木希さんのニクキューは猫ではなくチーターだそうですよ。FREETELの爆速をイメージしているそうです。

スクリーンショット_051916_021148_PM
タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

NifMo、2月1日から月額料金そのままでデータ容量を増加(5GB→7GB、10GB→13GB)

NiftyのMVNO(格安SIM)、NifMoが2月1日より月額料金はそのままで、データ通信プランの容量を増加すると発表しました。 実質的には値下げですね。 料金据え置きでデータ容量が増加 NifMo

Google、インストールせずに利用できるAndroid Instant Appsを限定公開

Googleが2016年5月のGoogle I/Oで発表した、Android端末上でインストール不要で利用できるInstant Appを限定リリースしたと発表しました。 通常、Androidでは(ほか

マイニンテンドーストアが復活 ただしSwitchのカスタマイズ本体予約は終了

1月23日(月)にマイニンテンドーストアがオープンしましたが、実際には23日深夜になってもエラー表示でつながらず、Nintendo Switchの予約を行うことはできませんでした。 しかし24日午前中

Android標準の電卓がアップデート 履歴表示やメモリ関連機能が追加

Android標準の電卓アプリが7.2にアップデートされ、見た目ではわかりませんが非常に使いやすい機能が追加されています。 まず見た目ですが、文字の色が濃く(黒く)なりました。 ※フォントの違いは機種

BIGLOBEのエンタメフリーオプション、2月にも対象サービスが追加される予定

BIGLOBEが提供しているYoutubeやAbemaTVなどのデータ通信がカウントされない「エンタメフリー・オプション」ですが、2月中にも対象サービスが追加されるようです。 エンタメフリーオプション

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 / 7.1 Nougatでは以前にも紹介したマルチウィンドウ機能やイースターエッグなど、存在がわからない機能があるのですが、そんな中の一つにタスクボタン(マルチタスクボタン...

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEYが1月23日~2月6日の間、日替わりで対象製品を半額で購入できるというキャンペーン、そして1月23日~2月1日には「2017新春セール」として対象製品が最大79%オフになるキャンペーンを...

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

MMD研究所主催のMVNO勉強会「2016年の振り返りと2017年に向けて」に参加してきました。 この勉強会、今回が第4回目ということですが、私は今回が初参加。 「報道メディア、ライター向けの勉強...

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プ...

MENU

back to top