FREETEL、上限固定の「定額プラン」と端末代と無料通話分も含んだ「プレミアムバリュープラン」を5月27日から開始

2016.5.19
Freetel

FREETELがREIの発表に合わせて新料金プランを発表しました。従来の使ったデータ量に合わせて料金が段階的に上がっていく「使った分だけ安心プラン」は「青天井だ!」という批判もあったらしく、データ量を固定にした「定額プラン」が新設されました。

上限固定の「定額プラン」

「使った分だけ安心プラン」は~100M、~1GB、~3GB、~5GB、~8GB、~10GBという感じの段階的な料金プランになっていましたが、本当は1GBだけのつもりだったのにうっかり超過して3GB分の料金がかかってしまった、ということも発生してしまいます。そこで定額プランでは1GBなら1GB、5GBなら5GBまでの上限固定プランになっています。というか他社では普通のプランですね。

種類 1GB 3GB 5GB 10GB 20GB
データ専用 499 900 1,520 2,470 4,870
データ専用+SMS 639 1,040 1,660 2,610 5,010
データ専用+SMS+音声 1,199 1,600 2,220 3,170 5,570

金額的には、「使った分だけ安心プラン」の各上限と同じですが、~100MB、~8GBという枠がなくなり、代わりに20GBが新設されています。

なお、各上限に達したあとは、200kbpsで通信が行えるということです。

端末代と通話料も含んだ「プレミアムバリュープラン」

端末代を24か月の分割払いにし、さらに一定額の通話料金も定額に含む「プレミアムバリュープラン」も登場しました。REIだけでなく、KIWAMIやMUSASHI、MMIYABIにも適用でき、各端末での料金は下記のようになります。

種類 プランXS
1GB
15分
プランS
3GB
30分
プランM
5GB
60分
プランL
10GB
60分
プランXL
20GB
60分
REI 3,790 4,190 4,790 5,740 8,140
KIWAMI 4,310 4,710 5,310 6,260 8,660
MUSASHI 3,530 3,930 4,530 5,480 7,880
MIYABI 3,290 3,690 4,290 5,240 7,640

MNPの場合はそれぞれの料金から1年間だけ800円割引になります(2年目は通常価格)。

各端末代金が24回払いになっており、イニシャルコストがかからないのが特徴です。ただ、計算してみるとそれほど安いわけでもありません。

プランXS、プランSは割高

例えばREIの場合は、本体価格は29,900円。24回払いにすると1か月あたり1,246円です。これを上記のバリュープランから引いてみると下記のようになります。

種類 プランXS プランS プランM プランL プランXL
プレミアムバリュープラン 2,544 2,944 3,544 4,494 6,894
データ専用+SMS+音声 1,199 1,600 2,220 3,170 5,570
差額 1,345 1,344 1,324 1,324 1,324

この差額約1,300円が無料通話分と考えられるわけですが、同様に残りの機種の差額も計算すると下記になります。

種類 プランXS プランS プランM プランL プランXL
REI 差額 1,345 1,344 1,324 1,324 1,324
KIWAMI 差額 1,453 1,452 1,432 1,432 1,432
MUSASHI 差額 1,298 1,297 1,277 1,277 1,277
MIYABI 差額 1,266 1,265 1,245 1,245 1,245

FREETELでんわは10円/30秒なので15分なら300円、30分で600円、60分で1,200円となります。プランM、L、XLであればトントンといったところですが、プランXS、プランSだとはっきりと割高ですね。

通信費を節約するなら定額プランがおススメ、プレミアムバリューはあまり価値を感じない

上限固定でそれ以上費用がかからない定額プランは、月々の支払を抑えたい人には待っていたプランではないでしょうか。ただプレミアムバリューはあまり価値を感じないですね。端末の分割払いができるという点に魅力を見いだせるかどうかですが、もともと安い端末なので一括で買ってしまったほうがいい気がします。量販店で買えばポイントも付くだろうし。

5月20日から1GB無料キャンペーンも開始

以前に行っていた1年間1GB無料のキャンペーンですが、5月20日からまた再開するそうです。定額プランで1GB無料なら最大1年間は0円運用も可能ですね。

最後に関係ないけど、佐々木希さんのニクキューは猫ではなくチーターだそうですよ。FREETELの爆速をイメージしているそうです。

スクリーンショット_051916_021148_PM
タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

どこでもドアが実在したらこんな感じ? ドラえもんVRを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、ソラマチで開催されている、ドラえもんVR「どこでもドア」を体験してきました。 関連:ドラえもんVR「どこでもドア」のPV公開 どこでもドア体験は2月20日から – Dream

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lite(

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

猫のためのスピーカー? OMAKER M7が20%オフになるキャンペーンを実施中

2月22日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日だ!ということで、OMAKERが猫のためのBluetoothスピーカー M7を本日限定かつ300台限定で20%OFFになるキャンペーンを行っています。

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向けに」とい

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向け...

MENU

back to top