FREETEL、5,000mAhのバッテリに4GBのRAMを搭載したミドル端末「RAIJIN(雷神)」を発表

2016.10.6 (更新日:2016.12.26)
FREETEL RAIJIN

FREETELが新シリーズとなるミドルクラス端末、RAIJIN(雷神)を発表しました。
これまでのFREETELはPrioriシリーズとSAMURAIシリーズ(MIYAMBI、KIWAMI、REI)、Windows 10 MobileのKATANAがありましたが、RAIJINはそれらとは別のシリーズということです。
SAMURAIシリーズでも良さそうなんですけどね。

5,000mAhのバッテリを搭載したスタミナモンスター

RAIJINの最大の特徴は、5,000mAhという大容量バッテリを搭載している点。
発売中のZenFone Maxも5,000mAhなのでスマートフォンで最大というわけではありませんが、最大級の容量なのは間違いありません。

RAIJIN(雷神) ZenFone 3
ZE520KL
HUAWEI P9 Lite
ディスプレイ 5.5インチ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080
プロセッサ MediaTek MT6750T
8コア
Snapdragon 625
8コア
Kirin 650
8コア
RAM 4GB 3GB 2GB
ストレージ 64GB 32GB 16GB
MicroSD
メインカメラ 16MP 16MP 13MP
フロントカメラ 8MP 8MP 8MP
バッテリ 5,000mAh 2,650mAh 3,000mAh
高さ 153.0mm 146.87mm 146.8mm
76.0mm 73.98mm 72.6mm
厚さ 8.7mm 7.69mm 7.5mm
重さ 183g 144g 147g
NFC ? × ×
Bluetooth 4.0 4.2 4.1
WiFi 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n/ac 802.11b/g/n
USB Type-C Type-C microUSB
価格 29,800円 39,800円 29,800円

MT6750Tの実力がわかりませんが、ミドルクラスのSoCではあります。
しかしRAMが4GBなのは好印象です。

また、OSは出荷時からAndroid 7.0 Nougatになるそうです(KIWAMI 2は6.0)。

FREETELボタンは非搭載

REIで採用された指紋センサ兼用のFREETELボタンは廃止され、指紋センサはは背面にあります。
ホームボタンはボタンなのかなんなのかわかりませんが、なにやら特徴的な表示です。

なんでこんなデザインなんだろう?

実力はわからないけどコストパフォーマンスは良さそう

RAM4GBに5,000mAhのバッテリで3万円以下ということを考えると、コストパフォーマンスはかなり良さそうです。

おそらくポケモン GOなどをやるにはぴったりでしょう。

このスペックで5インチ以下なら欲しいかなと思うのですが、そろそろ小さい端末を出してくれないかなぁ。

(source FREETEL)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top