【6月30日終了】今回はSIM単体も対象 FREETEL、1GB分が最大1年間無料のキャンペーン 第5弾を開始

2016.6.3 (更新日:2016.06.24)
FREETEL

FREETELが最大1年間、1GB分のデータ通信料(499円)が割り引かれるキャンペーンの第5弾を開始しました。

※キャンペーンは6月30日までだそうです。

データ通信料1GB分(499円)が最大1年間割り引かれるキャンペーン

5月末に始まった第4弾キャンペーンでは音声通話回線と端末の同時購入が条件でしたが、今回はデータSIMの契約でもOKとなっています。

割引は端末とSIMのセットで1年、SIM単体で6か月

第5弾キャンペーンでは端末とSIMの同時購入なら最大1年、SIMの単品購入なら6か月間データ通信量が割り引かれます。
第4弾では音声通話付SIMのみが対象でしたが、今回はデータ通信SIMもキャンペーンの対象となっています。

キャンペーン適用後の各プランの価格は下記の通り。

定額プラン

種類 1GB 3GB 5GB 10GB 20GB
データ専用 499
0
900
401
1,520
1,021
2,470
1,971
4,870
4,371
データ専用+SMS 639
140
1,040
541
1,660
1,161
2,610
2,111
5,010
4,511
音声通話付 1,199
700
1,600
1,101
2,220
1,721
3,170
2,671
5,570
5,071

使った分だけ安心プラン

種類 ~100MB ~1GB ~3GB ~5GB ~8GB ~10GB
データ専用 299
0
499
0
900
401
1,520
1,021
2,140
1,641
2,470
1,971
データ専用+SMS 439
140
639
140
1,040
541
1,660
1,161
2,280
1,781
2,610
2,111
音声通話付 999
700
1,199
700
1,600
1,101
2,220
1,721
2,840
2,341
3,170
2,671

SAMURAI REI(麗)と同時購入もあり

5月27日からメタルシルバー、そして6月3日からスカイブルーが発売になっているSAMURAI REIとデータSIMを同時購入するのもありかもしれません。

端末とSIMのセットで1年間の割引を受けるには、端末とSIMを同一店舗で同一日に購入する必要があるので、Amazonなら端末もSIMもAmazon、FREETELのeShopを使うなら端末もSIMもeShopで購入する必要があるので注意してください。

FREETEL REI 麗 メタルシルバー
freetel
売り上げランキング: 4,749

データSIMなら違約金は発生しないので、とりあえず端末とデータSIMを購入し、回線速度等で問題があるならSIMだけ解約というのも手ですね。
ただ、1年間は1GBが無料とはいえ、初期費用で3,000円(SIM代金)かかるので、注意してください。
499円 × 6 = 2,994円なので半年でトントンですね。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

au版Galaxy S8の実機画像が流出 日本では3色展開で発売?

昨夜発表されたSamsungの最新フラッグシップGalaxy S8/S8+。日本語サイトも公開され、今回docomo、auから発売されるのはほぼ確定だろうと思います。 そんな中、早速au版Galaxy

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Androidの父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top