Eye-Fi、「Mobi」以前の「X2」など初期製品群を9月16日にサポート終了

2016.7.7
Eye-Fi

数年前に大ブレイクしたものの、最近はカメラ自身にWiFi機能を搭載するものが増えてきて徐々に影が薄くなってきてた感のあるEye-Fiですが、その最初期のEye-Fi 1.0と位置付けられ製品群が2016年7月6日にサポートを終了し、9月16日からはオンラインサービスへのアクセスも出来なくなるということです。

対象製品

対象となっているのは、、以下の製品群とWindows/Mac用のアプリEye-Fi Centerです。

  • X2以前の全製品 (オリジナル、ホーム、共有、探索、ビデオ共有、ビデオ探索、プロ)
  • 4GB Geo X2
  • 4GB Connect X2
  • 8GB Explore X2
  • 8GB Mobile X2
  • 8GB Pro X2
  • 16GB Pro X2
  • Visioneer X2
  • Sandisk X2
  • Eye-Fi Windows デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
  • Eye-Fi Mac デスクトップソフトウェア (Eye-Fi センター)
  • iOSのEye-Fi アプリ
  • AndroidのEye-Fi アプリ
  • Eye-Fi センターウェブアプリ (center.eye.fi)

要するにあたらしい「Mobi」ではない旧来の「X2」製品すべてとX2用のアプリ、ウェブサービスすべてということになります。

9月16日以降もEye-Fi X2のダイレクトモード(Eye-FiカードとPCやモバイル端末を直接通信させるモード)は使用することが可能ですが、ダイレクトモードの設定はEye-Fi Centerを使用するため、設定自体を9月16日までに行う必要があります。
9月16日以降はEye-Fi Centerそのものにログインもできなくなり、完全に使用不可となるようです。

なお、Eye-Fiプレミアムアカウント購入者は無償でEye-Fiクラウドに移行が可能ですが、リクエストは公式サイトから自分で行う必要があります。

6年でサポート終了

Eye-Fiの日本上陸は2010年。
それから6年で初期のラインナップが終了することになりますが、基本はSDカードだし、記録メディアとしては6年持てばいいんじゃないですかね。

ちなみに私は2009年にX2以前のShare VideoというEye-Fiを購入していたようですが、どこで買ったのかもすでに覚えていないです。

※上記の連絡はEye-Fiからメールで来ていましたが、公式サイト上には案内が出ていないようです。

(via Eye-Fi)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

HTC、5月16日のフラッグシップ発表会の告知サイトを日本でもオープン。ライブストリーミングで配信予定

先日、紹介したHTCの発表会予告ですが、HTC Japanもライブ配信を行うということで特設ページをオープンしました。 関連:HTC、側面にセンサを搭載するHTC Uを5月16日に発表。 – Dream Seed 「かつ ...

News >モバイル

iPhoneをマッキントッシュ風にするスタンド「W4 STAND」。ただしそれ以上の機能はありません。

Apple Watchを初代マッキントッシュ風にする充電スタンド「W3 STAND」を発売しているelagoが、今度はiPhoneをクラシカルなマッキントッシュ風にするスタンド「M4 Stand」を発表しました。 シリコ ...

雑記

使ってみた? Android 7.0のGalaxy S7 edgeで利用できる「セキュリティフォルダ」

先月から開始されている国内Galaxy S7 edge向けのAndroid 7.0へのアップデート。そのアップデートにより「セキュリティフォルダ」という新しい機能が利用可能になっています。 プライベートなデータを守る「セ ...

Amazon、最大3000円オフになる「IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」開催中

Amazonで格安SIMとSIMフリースマートフォンのセットが最大で3000円割引になる「【最大3,000円OFF】IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」を開催しています。SIMはIIJmioとBIC SI ...

News >モバイル

Xiaomi、次世代フラッグシップ Mi6を発表 Snapdragon 835にデュアルカメラ搭載。

先週水曜日の話ですが、Xiaomiが最新フラッグシップとなるMi 6を発表しました。全体的な雰囲気は前モデルとなるMi5に近いものの、やや丸みを帯びた印象です。 ディスプレイは最近はやりの全面ディスプレイでもエッジディス ...

MENU

back to top