充電池を放り込むだけ。向きも気にせず充電できるENEROIDが予約受付中

充電池をよく使う人には便利な気がする。

2017.7.29

ケンコートキナーが単3、単4の充電池を入れれば勝手に充電して下から取り出せる充電器「ENEROID(エネロイド) EN20B」を発売します。Just My Shopでは15,999円で予約を受け付け中。出荷は8月14日とのこと。

広告

このエネロイド、2016年のCES 2016で発表されていたもので、海外ではすでに販売中。液晶ディスプレイのついたデラックス版のEN20Dがありますが、とりあえず日本では標準版のEN20Bのみとなるようです。

充電池の充電はいちいち向きを揃えて充電器に差し込んで・・・と割と面倒だったりするものですが、そんな手間を大幅に削減してくれるのがENEROID。上部に電池を入れればあとは自動で充電。充電完了したものは下の引き出しから取り出せます。電池を入れる際、向きを揃える必要もありません。

電池の自動判別機能が付いており、うっかり充電池以外のアルカリ電池やマンガン電池を混ぜてしまっても自動で充電をストップする機能も付いています。

使用できるのは単3と単4電池ですが、単4の場合はアダプタを装着し単3サイズにするというひと手間がかかります。この手間と従来の充電器を使うのとどちらが楽なのかという話にもなりますが、単3電池の使用が多いなら圧倒的にENEROIDのほうが便利そうです。

Just My Shopでは15,999円で予約を受け付け中。実は米Amazonでも販売されているのですが、残念ながら日本への発送には非対応です。

Robotically motorized fully automatic AA charger Basic model(AAA Ni-MH Ni-Cd)

米Amazonで購入

電池の充電が楽になるのはもちろん、下部がそのまま充電済み電池の収納ケースになっているのがいいですね。電池、意外と置き場所に困ったりしますし、充電する場所でそのまま保管できるのは便利そうです。

Just My Shopで購入

タグ: , ,

back to top